メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース1月3日2020年

メキシコ金利関連のニュース2つです。

 

1つ目、

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は、木曜日に発表された12月19日の金融政策会議の議事録によると、最近発表された最低賃金の引き上げがインフレを助長する可能性があると警告した。

 

銀行の取締役の一部は、新たなリスクにより、2020年に銀行の3%の目標にインフレをもたらすことが困難になると主張した。

 

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の政府は先月、毎日の最低賃金を20%引き上げることに同意した。過去40年半で最大の賃金引き上げであり、長年にわたって2年連続の大幅な引き上げです。

 

「ほとんどのメンバーは、コアインフレが持続性を示し続ける可能性、および最近の最低賃金の上昇が雇用人口のさまざまなセグメントで生産性の向上を超える賃金改定につながり、これが正式な雇用と価格に影響するコスト関連の圧力を発生させることに言及した」 議事録は言った。

 

理事会メンバーは、インフレに対する最低賃金の上昇の影響は中程度になると予想すると述べた。

 

中略

 

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモスは、研究ノートで、エスキベルの反対票と成長へのリスクのバランスがマイナスに傾いているという事実を考慮すると、「2020年前半に追加の利下げの可能性が高い」と述べた。

 

 

 

2つめは前回の金利決定時のニュース。

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行理事会メンバーであるヘラルド・エスキベルは、12月19日の金融政策会議にベンチマーク金利を50ベーシスポイント引き下げることを投票した。その会議の議事録が木曜日に示された。

 

最終的に、取締役会は4対1で25ベーシスポイント下げて7.25%とし、インフレの緩和と経済が低迷したことを述べた。