メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ金利関連ニュース5月14日2021年

メキシコの今後の金利見通しに関するニュースです。

しばらく据え置きか利上げの可能性が高いとのことです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は木曜日に、インフレ懸念の高まりを反映した5名の理事会による全会一致の決定で、主要金利を据え置いた。そして、次の動きは上昇になるだろうという憶測を引き起こした。

 

地元ではバンキシコとして知られるメキシコ銀行は、2月に25ベーシスポイント引き下げた後、2回連続で金利を4.0%に据え置いた。

 

メキシコ銀行は、2021年のインフレ期待は前回の金融政策会議以降上昇しており、物価リスクのバランスには上向きのバイアスがあると述べた。

 

エコノミストは、これは昨年まで続いた緩和サイクルの終わりを意味すると述べた。

 

ゴールドマンサックスのアルベルトラモス氏は、「次の利上げは、引き下げではなく、引き上げである可能性が高い」と述べた。 「最近の国内および外部の発達により、リフトオフの期間が短縮されています。」

 

JPモルガンは、第4四半期に2回の25ベーシスポイントの利上げがあり、4.5%になると予想していると述べた。

 

ラモス氏は、国内政策の背景の悪化やタカ派の対外金融逆風の激化を除けば、少なくとも2021年末までメキシコ銀行が金利を4.0%に維持することを期待していると述べた。

 

水曜日の米国労働省は、米国の消費者物価指数が4月までの12か月で4.2%上昇したと報告した。これは2008年9月以来最大の上昇であり、連邦準備制度を驚かせた。米国の高いインフレは、その最大の貿易相手国であるメキシコの価格に圧力をかけ、米国の金利は、メキシコ銀行の意思決定の要因となる。

 

Banxicoは、価格の上昇に対する4つのリスクのリストの最初に、外部のインフレ圧力を挙げた。

 

銀行は、中長期的な期待は目標を上回って安定しており、ヘッドラインとコアインフレは2022年の第2四半期から3%の目標に収束すると予測されていると述べた。

 

メキシコ銀行のジョナサン・ヒース取締役はツイッターで、「インフレのバランスは上昇しているが、成長のバランスはバランスが取れているようだ」と述べた。

 

以下省略