メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース1月3日2020年

いよいよ2020年がきてしまいました。

今年は米大統領選や安部政権のぐらつきによる波乱が想定されます。

急に長期間、円高に動く可能性も頭に入れて取引した方がよいです。

 

年始からあまり良いニュースではありませんが、

メキシコ経済に関するニュースです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの製造業部門の活動は、厳しい経済情勢、弱い国内需要および不利な貿易環境を背景に、12月に低水準の新シリーズに落ちたと、調査は木曜日に示した。

 

IHS Markit Mexico Manufacturing Purchasing Managers 'Indexは、11月の48.0から12月には47.1に低下し、2011年4月に調査が開始されて以来、最低となった。

 

50を超える数値はセクターの拡大を示し、そのしきい値を下回ると収縮を示します。

 

「メキシコの製造部門の状況は12月に悪化し、9年近くの調査の歴史の中で生産、新規注文、輸出、仕入の縮小率が最も速く加速した」とPMI調査は述べた。

 

調査では、企業のセンチメントを測定するサブインデックスも記録上最も低いレベルにまで落ち込み、企業はさらに人員を削減した。

 

中略

 

「これまでのところ、トンネルの終わりに光を当てることは困難であり、2020年に有意義なリバウンドはありません」と報告書を書いたIHS MarkitエコノミストPollyanna De Lima氏は述べた。

 

「事実、企業はシリーズの歴史の中で、少なくとも成長見通しに対して楽観的であり、多くは長引く不確実性、投資不足、自動車部門の継続的なトラブルを懸念している。

 

メキシコは輸出品の約80%を、その多くは自動車やテレビなどの製造品であり、米国に輸出してる。

 

PMIインデックスは、新規注文、生産量、雇用、サプライヤーの納期、原材料の在庫の変化を追跡する5つのサブインデックスで構成されている。