メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコGDP関連ニュース11月27日2020年

メキシコのGDPに関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの経済は、二次活動の力強い回復に牽引されて、第3四半期に力強く回復したが、前年同期より8.6%小さいと、国家統計局が木曜日に発表したデータが示した。

 

INEGI統計局によると、国内総生産は7月から9月の間に前の3か月間から12.1%増加し、暫定値が示したよりも0.1ポイント多いとのこと。現在の記録が1980年代の初めに始まって以来、四半期ごとの増加は最大であり、米国での刺激的な支出の恩恵を受けた。

 

回復は、鉱業、エネルギー、製造業を含む二次産業活動の21.7%の急増によって推進された。

 

特に自動車産業で輸出が加速したため、米国の需要は過去4か月間にメキシコが大きな貿易黒字を獲得するのに役立った。対照的に、国内需要は遅れており、多くの企業が依然として苦戦している。

 

しかし、メキシコの経済は2019年の同時期からまだ8.6%遅れていた、木曜日の数字は暫定的な数字と一致した。

 

メキシコの中央銀行は、2020年に経済が8.7%から9.3%の間で縮小すると予測している。これは、大恐慌以来の最も深刻な年間縮小である。

 

9月には回復が鈍化したと、木曜日にも発表された月次経済活動データが示した。

8月と比較して、経済は月に1%成長しました。