メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース1月31日2021年

メキシコ経済に関するエコノミストの見解です。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの経済は、最終四半期にCOVID-19パンデミックの被害から予想以上に回復したものの、昨年、1930年代以来最大の年間縮小に見舞われた、金曜日の予備データが示した。

 

国立統計地理情報院INEGIが発表した推定によると、ラテンアメリカで2番目に大きな経済の国内総生産は、季節調整済みの条件で昨年8.5%下落した。 ロイターの世論調査で8.8%下落したというコンセンサス予想よりも、下落はわずかに浅かった。

 

それでも、メキシコ国立自治大学(UNAM)が発表したデータによると、収縮は大恐慌の間の1932年以来最も急激であった。 そして最近、COVID-19症例の再増加により、経済は新たな逆風に直面している。

 

2020年の後半には、経済がパンデミックで失われた地盤の大部分を占め、10月から12月の予想外の堅調な業績により、金曜日の早い段階でペソが対ドルで上昇した。

 

しかし、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領にとって、経済は依然として大きな課題であり、エネルギー市場における国家の手を強化する努力は、企業との論争を引き起こし、メキシコの同盟国を混乱させ、投資を冷やした。

 

第2四半期は、パンデミックによって引き起こされた経済的混乱の矢面に立たされたが、2020年の終わりにかけて感染が急増し、クリスマス前にメキシコシティ大都市圏で新たな商業制限が発生した。

 

中略

 

 

金曜日に、ガブリエル・ヨリオ財務副大臣は、コロナウイルスワクチンの展開の速度に応じて、2021年に4.6%の経済成長の目標が達成可能であるように見えると述べた。

 

2020年の最後の3か月間、GDPは調整後の条件で前四半期から3.1%増加し、ロイターの世論調査で見られた2.8%の成長の予測を上回った。

 

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ニキル・サンガニ氏は、第4四半期の数値は、メキシコが2020年上半期から損失の70%以上を取り戻したことを意味すると述べた。

 

「しかし、最近の新しいCOVID-19症例の急増により、第1四半期に回復が止まるだろう」と彼は言った。

 

未調整の2020年GDPの数値の内訳は、製造業が昨年最大の打撃を受けたことを示している。工場生産を含む二次活動は10%減少し、サービスを含む三次活動は7.7%減少した。

 

対照的に、農業、漁業、林業などの主要な活動は、2019年から2.0%増加したとデータが示している。最新のデータによると、2年連続で景気が後退した。 INEGIによると、2019年の経済は未調整で0.1%縮小した。

 

製造業の活動はスランプの深さから急速に回復したが、企業は依然として新しい工場、建物、機械への投資に慎重である。

 

INEGIのデータによると、入手可能な最新のデータである10月までの10か月間で、総固定投資は2019年の同時期と比較して19.5%減少した。

 

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモス氏は、ワクチン接種プログラムの展開が回復に役立つとはいえ、メキシコの見通しは依然として厳しいとクライアントノートで述べた。

 

ラモス氏は、「米国の堅調な成長、交易条件の強化、適度な金融政策の緩和が回復を後押しするはずだ」と述べた。 「2020年第4四半期が予想を上回ったことで、2021年には実質GDP成長率が4.0%まで堅調になると予想しています。」