メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース6月23日2020年

今週末におこなわれるメキシコ中銀の金利決定に関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は、コロナウイルスのパンデミックが経済に与える影響を緩和するために、今週後半に再び主要金利を引き下げるとロイターの世論調査は示した。

 

別のロイター調査では、メキシコの物価圧力はおそらく6月上旬にわずかに上昇したことが示された。

 

調査対象となった27人のアナリストのうち26人は、木曜日の次の金融政策会合で、メキシコ銀行の理事会がベンチマーク金利を50ベーシスポイント引き下げて5.00%にすると予測した。 1人は25ポイントの削減を予測した。 

 

金利を5.00%に引き下げると、2016年9月以来最低レベルになり、9年連続の削減となる。

 

 

2020年末までに、アナリストの予測の中央値は、キーレートが4.50%になることでした。 これは、5月に実施された前回の金融政策調査で行われた年末予測4.75%を下回っている。

 

メキシコは2019年に景気後退に突入し、今年の経済は最大10%以上縮小すると予測されている。 4月の工業生産高は、前月に比べて25%以上減少し、記録的な減少に見舞われた。

 

金利引き下げのケースをさらに強化するのは、インフレが中央銀行の3%目標を下回っていることです。 5月のレートは2.84%と、予想を下回った。

 

それにもかかわらず、インフレについて調査された18人のアナリストの中央値予測はおそらく6月の前半に3.05%に加速するとされていたため、コスト圧力が高まっている可能性がある。

 

国家統計局のINEGIは水曜日の朝に最新のインフレ数値を発表する予定である。

 

中央銀行は、木曜日の現地時間1300(GMT 1800)に最新の金融政策決定を発表する予定だ。