メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース6月25日2020年

メキシコのインフレ率に関するニュースです。

 インフレ率は少々上がっているようです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

中央銀行は木曜日にもベンチマーク金利を引き下げるとみられているが、メキシコのインフレは6月前半に予想以上に上昇した、と国家統計局のデータは水曜日に示した。

 

INEGI統計局によると、消費者物価は6月前半までの1年間で3.17%上昇し、変動の激しい食品とエネルギーの価格を取り除いたコア物価指数は3.66%に上昇した。

 

ロイターの調査によると、それは、6月上旬の3.05%の年間ヘッドラインインフレと3.50%のコアインフレに対する予想と比較している。

 

メキシコ経済がコロナウイルスのパンデミックの影響で深刻な打撃を受け、確認された感染と死亡が急増し続けているため、インフレは抑制されるであろう。

 

水曜日の国際通貨基金は、ラテンアメリカで2番目に大きいメキシコ経済が今年10.5%縮小すると予測している。

 

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモス氏は、「深刻な景気後退と需給ギャップのさらなる拡大は、価格決定力を低下させ、メキシコの弱いペソからより高い最終消費者価格へのパススルーを制限することでインフレを抑制します」と述べた。 

 

ロイター通信による27名のアナリストのうちの26名は、メキシコ銀行が木曜日の金融政策会議でパンデミックの経済的苦痛を緩和するために、主要金利を50ベーシスポイント引き下げて5.0%にすると予測している。

 

「インフレの背景により、中央銀行は今後数ヶ月でさらに緩和することができるはずです」とラモス氏は述べた。

 

最新のデータによると、6月前半の消費者物価は、前の2週間と比較して0.32%上昇しました。 ヘッドラインインフレは0.21%上昇すると予想されていた。 6月上旬のコア物価指数は0.29%上昇し、0.14%上昇の予想を上回った。