メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ金利関連ニュース1月9日2021年

先日発表されたインフレ率にともない、次の金利がさがるかもしれません。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの消費者物価上昇率は12月までの1年間で3.15%であったと国の統計局は木曜日に述べ、さらなる利下げへの扉を開いた。

 

メキシコ銀行(Banxico)は先月、2回連続の会合でベンチマーク金利を4.25%に据え置き、中長期のインフレ期待は3%を超える水準で安定していると述べた。

 

木曜日に発表された12月の金融政策会議の議事録は、取締役会メンバーのジョナサン・ヒースとヘラルド・エスキベルがベンチマーク金利を25ベーシスポイント引き下げて4.0%にすることに投票したことを示した。

 

議事録は、「ほとんどのメンバーは、政策金利を変更しないという決定がインフレ軌道の目標への収束を確認するために必要な余地を提供する一時停止を構成することに同意した」と述べた。

 

Banxicoは、3%のインフレを目標としており、許容範囲は1パーセントポイント上または下である。

 

ロイターが調査した9人のアナリストの予測中央値は、インフレ率が11月に登録された3.33%から3.16%に低下すると予測していた。 INEGI統計局のデータによると、2020年の最後の月に食料品の価格が下落したため、インフレは緩和された。

 

銀行の取締役会で比較的タカ派のハビエル・グズマンの後任となる新しいバンキシコのメンバーであるガリア・ボルハは、2月の次の政策会議で利下げを支持し傾ける可能性がある。

 

キャピタル・エコノミクスのラテンアメリカのエコノミスト、ニキル・サンガニ氏は、「インフレが緩和される可能性が高く、現在、COVID-19感染の新たな急増に見舞われている経済を考えると、より多くの取締役が追加の緩和を選択すると考えています」と述べている。

 

Sanghaniは、Banxicoが2月11日の会議で25ベーシスポイントのもう1つの金利引き下げを制定し、政策金利を4.00%にし、銀行の緩和サイクルを完了すると予想している。

 

ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモス氏は、景気の低迷、インフレ率の低さ、ペソの高騰を要因として、銀行が2月に緩和サイクルを再開する可能性が高まっていると述べた。

 

中央銀行の議事録は、消費と投資が引き続き低迷しているため、メキシコ経済の回復は緩やかで長期化すると述べた。

 

季節調整値によると、12月の消費者物価は0.38%上昇した。不安定な食料とエネルギーの価格を取り除いたコア指数は、月の間に0.55%上昇した。