メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利決定ニュース9月24日2020年

メキシコの金利が発表されました。

また、今後の見通しについての言及がありました。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です。

正確には本文を参照してください。

 

 

メキシコの中央銀行は木曜日に再びコロナウイルスのパンデミックに見舞われた経済を刺激するのを助けるために借入コストを引き下げたが、高いインフレのため、削減のペースをパーセンテージポイントの4分の1に減らした。

 

現地ではBanxicoとして知られているメキシコ銀行は、レート設定委員会が満場一致でベンチマークレートを0.25ベーシスポイント引き下げて4.25%にすることで合意した。

 

過去5回の金利決定では、パンデミック対策のための対策中に経済が急落したため、銀行は50ベーシスポイント引き下げた。

 

木曜日に、銀行は、経済が6月と7月に回復し始めたにもかかわらず不確実性と下振れリスクについて述べた。

 

Banxicoは声明の中で、インフレ、経済活動に対する継続的なリスク、および1930年代以来メキシコで最大の景気後退を引き起こすと予想されるコロナウイルスのパンデミックによる金融ショックの可能性を強調した。

 

ヘッドラインとコアインフレが最近約4%に上昇したにもかかわらず、銀行は中長期的に3%を超える「安定した」インフレ見通しを予測すると述べた。しかし、インフレ軌道のリスクのバランスが不確実なままであると言ってそれらの予測を覆した。

 

「インフレ、経済活動および金融市場について言及されたリスクを考慮すると、金融政策および経済全般に大きな課題が生じます」と銀行は述べた。

 

銀行によると、Banxicoのレートセッターは、インフレ見通しと「狭い」余地と呼んでいたものに従って行動した。

 

中央銀行は、新しい情報に基づいて、パンデミックによる生産性への大きな影響と「現在直面している金融ショックの進展」を考慮して、将来的に「必要なすべての行動」をとると付け加えた。