メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース!11月13日2020年

13日の金曜日ですが、メキシコの金利は据え置かれたようです!

また、メキシコの景気回復にも言及されています。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコ銀行の総裁は、金利引き下げサイクルの一時停止は、インフレの傾向に応じて政策立案者に選択肢を与えると述べた、また、国の景気回復は銀行のより楽観的な予測をより厳密に反映していると。

 

中央銀行総裁のアレハンドロ・ディアス・デ・レオン氏は、木曜日遅くのインタビューでロイター通信に対し、「そのため、この一時停止と金利を現在の水準に維持することを決定した」と述べ、その日の早い段階で政策決定について詳しく述べた。

 

「インフレに関するデータとインフレに影響を与える要因の両方に応じて中央銀行に選択肢が与えられるため、何をすべきかをより適切に特定できると考えています」とディアス・デ・レオンは述べた。

 

中央銀行は、ベンチマーク金利を4.25%に据え置くことで、金融市場を驚かせ、インフレ圧力を評価するための「一時停止」の必要性を引用し、約1年半ぶりに借入コストを安定させた。

 

ロイターの世論調査のアナリストは、25ベーシスポイントの削減を狭義に予測していた。

 

中略

 

メキシコの景気回復は、中央銀行が前回の四半期経済報告で示した2つの楽観的なシナリオと一致しており、予測の中で最も悲観的ではないように見えると彼は付け加えた。

 

以下省略