メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ金利関連ニュース3月26日2021年

メキシコの金利決定に関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

 

メキシコの中央銀行は木曜日、主要金利を予想通り4.0%に据え置き、ペソ通貨を押し上げ、インフレ率は今後数か月で以前の予測よりもわずかに高くなる可能性が高いと述べた。

 

ロイターが調査した23人のアナリストのうち14人は、メキシコ銀行(Banxico)が2月に25ベーシスポイント引き下げられた後、キーレートを4.0%に維持すると予想していた。他の9人のアナリストは、さらに25ベーシスポイントの削減を予測していた。

 

メキシコ銀行が金利を維持するとのコンセンサス予測でしたが、銀行の5名の理事会による全会一致の決定により、ペソはドルに対して1.5%以上上昇した。

 

「短期的に予想されるヘッドラインとコアインフレの経路は、(銀行の)前回の四半期報告で予測されたものをわずかに上回っています」と、バンキシコは声明で述べている。

 

中央銀行によると、昨年のエネルギー価格の下落はインフレに一時的な影響を与える可能性が高い。ただし、ヘッドラインとコアインフレの両方が2022年の第2四半期の時点で銀行の3%の目標に収束するはずであることに留意した。

 

キャピタル・エコノミクスのアナリスト、ニキル・サンガニ氏は、クライアントノートで、「メキシコ銀行の理事会が政策金利を4.00%に維持するという全会一致の決定は、緩和サイクルが完了し、散ったことを明確に示している」と述べた。

 

「これは、メキシコ銀行の取締役会の慎重なシフトを示していますが、投資家が今年後半に引き締めサイクルが開始されることを期待することは見当違いであると考えています。」

 

バンキシコは、その上下に1パーセントポイントの許容しきい値で3%のインフレを目標としているが、見通しが不透明なため、インフレ、成長、金融市場のリスクが金融政策に大きな課題をもたらすと述べた。

 

「物価形成やインフレ期待に影響を与えることなく、財政状態の秩序ある調整と相対価格の変化を可能にする必要がある」と述べた。

 

メキシコの年間インフレ率は3月前半に予想よりも速く加速し、4.12%に達した。これは、ほぼ2年間で最高レベルである。