メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済の見通しに関するニュース9月10日2020年

メキシコ経済の見通しに関するニュースです。

いくつか重要な文言がありますので、正確な訳と解釈は本文を参照してください。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

格付け機関のムーディーズが、政府の財政に対する厳格なアプローチは「持続可能ではない」と警告したため、メキシコの財務相は水曜日に、来年の成長予測に責任があるといい、彼の2021年の予算を擁護した。

 

火曜日に財務省は、支出を抑制し、COVID-19パンデミックによって打撃を受けた経済の部分的な回復のみを予測する予算案を提出した。

 

「責任ある見積もりです」とアルトゥーロエレーラ財務相は大統領の毎日の記者会見で述べた。

 

しかし、メキシコのソブリンアナリスト、アリアンオルティスボリン氏は、

緊縮財政予算であったため、格付け機関は債務よりもメキシコの経済成長を心配するようになったと述べた。

 

「それは持続可能ではありません」とオルティスボリンは言いました。 「毎年繰り返すことはできません。」

 

予算予測では、ラテンアメリカで2番目に大きいメキシコの経済は今年8%縮小する。これは、中央銀行の最悪のシナリオである13%のスランプよりもやや強めの見方である。

 


アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領とエレーラ大統領は、メキシコの経済は一部のヨーロッパ諸国や米国で見られるような経済刺激や救済策を提供する立場にはないと述べている。彼らはまた、財政を守るために新たな借金をすることを拒否した。

 

しかし、大小の企業は、メキシコが1930年代の大恐慌以来最も深刻な景気後退に直面し冷え込みに見舞われていると主張している。

 

オルティスボリン氏は、メキシコのソブリン格付けは否定的な見通しにもかかわらず、今後12か月で「ジャンク」になるとは予想されていないと語った。

 

エレーラ氏は、予算の成長予測はワクチンの開発に基づくものではなかったが、経済は引き続きコロナウイルス危機の影響を受けると述べた。

 

「ワクチンがない間、経済は異常な状況で作動し続けるだろう」と彼は言った。