メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコに嬉しい格付け関連ニュース11月12日2020年

フィッチによるメキシコの格付け見通しが維持されたようです。

一安心です。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの財務省は水曜日に、フィッチレーティングスがソブリン格付けを引き下げないという決定を祝った、パンデミックの際に財政刺激策を解き放つことを政府が拒否したことに対する広範な批判の後。

 

格付け機関は以前、ラテンアメリカで2番目に大きな経済にBBB-のソブリン格付けを付与した。これは、投機的な格付け、つまりジャンクを1ノッチ上回り、見通しは安定している。

 

「フィッチからのこの肯定は、格付け機関が行った前例のない格下げ調整の文脈で来ている」とツイッターでアルトゥーロ・エレーラ財務相は述べた。

 

その中で、財務省はまた、財政の慎重さと堅実なマクロ経済政策のコミットメントを繰り返し、持続的な経済回復への道を開くと述べた。

 

一部のオブザーバーは、パンデミック時の債務よりもメキシコの成長の鈍化を懸念している。パンデミックに対するメキシコの財政的対応は、G20諸国の中で最小である。

 

フィッチは声明のなかで、BBB格付けは、「比較的弱いガバナンスと抑制された長期的な成長パフォーマンス」によって依然として制約されていると述べた。

 

「フィッチは、2020年の全体的な経済収縮は8.9%であり、前回の格付けレビュー時の2倍になると予想しています。」

 

4月、フィッチはメキシコ経済が今年少なくとも4%縮小すると予測していた。

 

他の場所では、メキシコの公衆衛生と経済はコロナウイルスのパンデミックによって深刻な影響を受けており、負債比率は当面の間、危機前よりも高いままである可​​能性が高いと述べている。

 

しかし、フィッチは税収が予想を上回っており、メキシコは2020年に借入を最小限に抑えようとし、国は緊密な財政スタンスを維持し、2022年に税制改革を実施する可能性が高いと強調した。

 

財政を安定させるために多くの部分を急減させたアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領に打撃を与え、フィッチは、パンデミックによって引き起こされた経済ショックがメキシコを深刻な不況に追い込むことを恐れて、4月にソブリン格付けを引き下げた。