メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース2月27日2021年

投資格付け機関ムーディーズによる見解です。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの財政赤字は今年、国内総生産の4.1%に拡大した、債務を押し上げている国営石油会社Petroleos Mexicanos(Pemex)への継続的な支援を続けながら。格付け機関のムーディーズインベスターズサービスは水曜日に語った。

 

ムーディーズは声明のなかで、ペメックスは今年だけでも147億ドルの政府支援を必要とするだろうと述べた。

 

ムーディーズは、2021年に予想される景気回復にもかかわらず、持続的なソブリン信用リスクを浮き彫りにした報告書の中で、この支援は財政赤字を急増させるだろうと述べた。

 

ムーディーズのアナリスト、アリアン・オルティス・ボリン氏は、経済見通しが明るいにもかかわらず、3つの信用リスク要因を指摘した。

 

これらには、低成長と中期的な成長への圧力、財政と連邦政府の財政プロファイルに影響を与えるペメックスへの実質的かつ継続的な支援、および「制度の悪化」に関連するリスクが含まれる。

 

エージェンシーは、2020年の第4四半期の予想を上回る成長と2021年へのプラスのキャリーオーバー効果を理由に、今年の実質国内総生産の見通しを前回の3.5%の予測から5.5%に引き上げた。

 

 

個人消費の低迷、投資の縮小、財政支出の制限という状況において、力強い米国経済がメキシコの製造業の輸出を後押しし、経済成長を後押しするだろう、とムーディーズは言った。

 

米国に関連するセクターが内需に牽引されるセクターよりも速いペースで拡大するため、2021年のメキシコ経済の「2速」回復につながる。

 

来年の経済成長率は2.6%で、内需の低迷により抑制されている、持続的に弱い投資と弱い労働市場が消費を圧迫しているためである。

 

2021年までのコロナウイルスワクチンの配布の大幅な遅れは、2021年と2022年のメキシコの経済見通しに下振れリスクをもたらすだろうとムーディーズは述べた。