メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース12月1日2020年

メキシコの経済対策に関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

 

メキシコの財務省は月曜日に、国の経済を持ち上げることを目的として、政府と民間部門の間で集められた約2280億ペソ(114億ドル)に相当する29のインフラ投資の2回目のパッケージを発表した。

 

このパッケージは、先月開始された最初の2,970億ペソの投資に続くものであり、メキシコのアンドレスマヌエルロペスオブラドール大統領と企業グループとの間の冷淡な関係がさらに解けることを告げるものである。

 

ロイターは先週、投資額は約100億ドルになると報告した。

 

アルトゥーロ・ヘレラ財務相は、エンセナダの北西港の近くにある米国企業のセンプラエナジーの20億ドルの液化天然ガス輸出プラントがプロジェクトに含まれていると述べた。

 

提案されたプラントは、メキシコで最大の民間資金によるエネルギープロジェクトの1つである。

 

センプラ氏は今月初め、同社が必要​​な政府の許可を待っている間延期されていたプロジェクトを進めていると語った。

 

投資は経済活動と切望されている雇用の創出にプラスであると見られている。
コロナウイルスのパンデミックにより、2020年にメキシコの経済が8.7%から9.3%の間で縮小すると予測されている大恐慌以来の最も深い年次収縮の時期に。

 

メキシコのビジネス調整評議会(CCE)の責任者であるCarlos Salazarは、投資が約40万人の新しい雇用の創出につながる可能性があると述べた。彼は、投資の3番目のパッケージが現在取り組まれていると言った。

 

「来年の最初の3か月である次の四半期には、パンデミック前の状況に戻ると予測しています。それは私たちが回復することができ、より大きな経済成長を遂げ始めるだろうという私の予測です」とロペスオブラドールは言った。

 

中央銀行と民間エコノミストは、経済のパンデミック前のレベルへのより長い回復を予測している。