メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース3月24日2021年

メキシコの経済成長に関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの経済は2021年に5%以上成長する可能性があると財務省は月曜日に述べ、政府は潜在的な税制改革について議論する前に脱税を減らす方法を考え出すことを目指していると付け加えた。

 

COVID-19ワクチンの展開と米国の1.9兆ドルの刺激策の影響は、経済を後押しするはずだと、アルトゥーロ・エレーラ財務相はメキシコ国立自治大学(UNAM)の学生に語った。

 

2020年のメキシコは、パンデミックによりほぼ90年間で最も急激な景気後退に見舞われ、国内総生産(GDP)は約8.5%縮小した。それでも、ラテンアメリカナンバー2の経済は、最終四半期に最初に見積もられたよりも急速に成長した。

 

これらすべての要因を考慮して、経済は「5.0%を超えて容易に成長する可能性がある」とHerreraはプレゼンテーションで述べた。

 

彼はまた、税収と原油価格の上昇、そして債務水準の低下が始まると予想した。

 

これとは別に、ガブリエル・ヨリオ財務副大臣は、UNAMの学生に、政府は潜在的な税の見直しについて議論する前に「(脱税の)ギャップを埋める」ことを望んでいると語った。

 

「増税を必要とせずに構造を再構成し、国の税構造をより進歩的にする余地があると思います」とヨリオは言った。

 

メキシコは長い間弱い税制に苦しんでいたが、アンドレスマヌエルロペスオブラドール大統領は、彼の政府の最初の3年間で全体的な税負担を増やさないことを約束した。その期間は12月に終了する。

 

GDPに占めるメキシコの税収は、37か国の経済協力開発機構の中で最低である。国際通貨基金は、メキシコが歳出と経済を支援するために税制を改革することを提案した。

 

ヘレラ氏は3月初めにロイター通信に対し、政府は今年の税制改革の必要性を検討し、地方当局と財政要件について話し合っていると語った。