メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース2020年2月16日

今後のメキシコ金利に関するニュースです。

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

メキシコの金融政策の道筋は、今後のデータが低インフレの強化を示すかについての中央銀行の評価にかかっている、とアレハンドロ・ディアス・デ・レオン知事は木曜日に述べた。

 

メキシコ銀行として知られるBanxicoの5人の取締役会は、木曜日に投票し満場一致で、予想通り25ベーシスポイント金利を下げ、主要金利を7.0%にした。メキシコ経済が停滞し、インフレ率総合指数が銀行の目標を上回ったため、5回目の連続した利下げを行った。

 

「今後数週間でインフレに影響を与える可能性のあるリスク要因を監視する必要があります」とディアス・デ・レオンはロイターにインタビューで語った。「次の決定は3月末になります。インフレ率のシナリオが固まった場合、または何らかの抵抗が見られる場合は(インフレ)の振る舞いを評価する必要があります。」

 

 

年間インフレ率は、12月の2.83%から1月に年間3.24%まで上昇し、銀行の目標である3.0%を上回った。 特にコアインフレは頑固に高くなっている。これは、たばこや砂糖の入った飲み物に対する物品税が高いためである。

 

「また、給与の増加は、経済の循環的な状況を考えると予想よりも大きく、それが(コアインフレの)低下に対する抵抗に影響を与えた可能性が高い」とディアス・デ・レオンは述べた。

 

12月のメキシコ政府は、1日の最低賃金を20%引き上げることに合意した。これは、40年以上で最大の賃金引き上げであり、何年もの間で2番目の大幅な引き上げである。

 

Diaz de Leonは、銀行が2月26日に次の四半期報告書を発行する際に、2020年のインフレ予測を「適度に」上げ、経済成長予測を下げると述べた。

 

前回の四半期報告では、2020年のインフレ率総合指数3.0%、コアインフレ率2.9%、国内総生産の伸び0.8%から1.8%を予測していた。

 

 

 

「メキシコ経済は、自由経済協定の不確実性、先進国の金融政策、および国内のリスク要因に関連する、(経済的)循環だけにとどまらない課題とリスクに直面している」とディアス・デ・レオンは述べた。

 

中略

 

ディアス・デ・レオンは、バンキシコは、インフレに重きを置く状況と、経済活動の周期的位置と製品ギャップとの間で、金融政策の意思決定のバランスを取ることを目指していると述べた。

 

「インフレプロセスに重きを置くすべての要素を考慮します。そのため、製品ギャップと経済活動のペースが金融政策の意思決定プロセスに入ります」とディアスデレオンは述べた。

 

彼は、これらすべての要素と経済の状態を考慮すると、金利は「経済と価格形成にとって最も便利」だと述べた。