メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコインフレ関連ニュース12月9日2020年

メキシコのインフレ率と金利の見通しについてのニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

 

ロイターの調査によると、メキシコの年間消費者物価上昇率は、果物と野菜の価格の下落圧力と全国的な買い物休暇が需要を押し上げたため、11月に5か月で最低レベルに落ち込んだ可能性が高い。

 

調査した15人のアナリストの中央値予測は、10月の4.09%から3.42%に達すると予想された。

 

予測が成り立つ場合、指標が昨年6月に3.33%に達して以来、消費者物価指数は最低となるでしょう。

 

地元ではメキシコ銀行として知られる中央銀行は先月、1年半の利下げを受けてベンチマーク貸出金利を4.25%で安定させ、借入コストを下げることで、インフレを目標の3%に近づけることができると述べている。

 

メキシコ銀行の次の金融政策会議は12月17日に予定されている。

 

銀行の個別調査アナリストは、主な金利が4.25%で変わらずに年末になると予想している。これは、世論調査の前回の予測よりも25ベーシスポイント高い。

 

ロイターの世論調査によると、11月の価格は全体で0.17%上昇したが、不安定な食料とエネルギーの価格を取り除いたコアインフレ率は0.05%下落した。また、年間コアインフレ率は3.70%であった。

 

国立統計地理情報院INEGIは、11月の公式消費者物価指数を水曜日に発表する。