メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ格付けニュース12月3日2020年

メキシコの格付けに関するニュースです。

格付けは据え置かれました。

S&Pの見解が述べられています。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

S&Pグローバルレーティングは水曜日にメキシコの投資適格債の信用格付けを確認し、コロナウイルスの大流行による経済への記録的な打撃にもかかわらず、政府の慎重な政策対応は公的債務を抑制し続けたと述べた。

 

S&Pは声明の中で、メキシコの「BBB」長期外貨と「BBB +」長期現地通貨ソブリン格付けを確認した。これは、アンドレスマヌエルロペスオブラドール大統領の政府が歓迎する可能性が高いニュースである。

 

それでも、S&Pはメキシコの見通しをネガティブに保ち、緩やかな景気回復の可能性と国営石油会社Petroleos Mexicanos(Pemex)の財政の逼迫は、今後12〜18か月で格下げのリスクがあることを意味すると主張した。

 

ラテンアメリカで2番目に大きな経済は、2020年に約9%縮小すると予想され、それはすでに穏やかな不況でパンデミックに入り、ロペスオブラドールの政策決定のいくつかについての投資家の間の懸念によって部分的に引き下げられた。

 

S&Pによると、急激な経済収縮により、今年のメキシコの一般政府債務は、昨年の42%から国内総生産(GDP)の約50%に上昇します。

 

「(しかし)2020年の一般政府の赤字はGDPの約3%であり、政府の測定された政策対応を考えると、他国よりもはるかに少ないはずです」とS&Pは書いている。

 

対照的に、英国の財政赤字は今年、GDPの約19%に達すると予想されている。

 

来年、メキシコの経済は3.3%強成長すると予想されている、とアナリストの中央銀行の世論調査は今週示した。

 

ロペスオブラドールはペメックスの運命を復活させることを誓ったが、エネルギーに関する国家のより大きな役割を切り開くために、彼はこのセクターの民間投資家と衝突した。

 

Pemexには約1,100億ドルの財政的負債があり、S&Pは、政府が会社に並外れた支援を提供することは「ほぼ確実」であると推定した。ペメックスの闘争は、メキシコの信用力のリスクを高める可能性があると述べた。

 

格付け機関は、メキシコの財政、金融、為替相場政策が引き続き慎重であると予想したが、経済成長の見通しについては明るいものではない。

 

S&Pは、「成長は他国よりも低いままであり、パンデミック後のリバウンドは、民間投資家のセンチメントが弱いことを考えると、この地域で最も遅いものの1つになると予想している」と述べた。