メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコシティーの現状、8月15日2020年

新型コロナでロックダウン後のメキシコシティーの様子です。

商業施設も再開したようです。

日本を含め、多くの国で感染リスクを排除せずに活動が再開されていくのでしょう。

 

ウィルスは一般的な性質として気温が低いほど体外での生存時間(感染力を保ったままの状態)が長いので、真夏でも感染力が強い今流行している型の新型ウィルスも、冬になるとさらに感染力を増すと思われます。一度に沢山のウィルスを肺に吸い込んで無事でいられるかどうか、このままの状態で冬に突入すると日本を含め多くの国でまずいことになる可能性が高いと思います。

 

韓国や中国のようにウィルスを封じ込めることができている国もあるので、参考にして対策を講じて欲しいです。経済的にもそうした方が回復が早いはず。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です。↓

 

博物館、映画館、バーのない数か月後、メキシコシティの住民は今週再びこれらを探索し始めた。メキシコでこれまでに55,000人以上が死亡したコロナウイルスのパンデミックとの闘いが続いているにもかかわらず。

 

メキシコは、ウイルスによる世界で3番目に高い死者数を抱えており、これは経済に打撃を与え、2,200万人の大都市での前例のない混乱を引き起こした。

 

首都はパンデミックで最も大きな打撃を受けた地域の1つですが、文化センターや企業が今週新しい安全対策で再開したため、一部のメキシコ人は3月下旬から閉鎖された会場に戻るのを待つことができなかった。

 

「私は(恐怖で)外出しません。私たちに最初に到達するのは恐怖だと思います。」
50歳のオフィスワーカーであるアルマ・エステル・セルバンテスは言った、
全員マスクを着用し、彼女は娘たちをソウマヤ美術館に連れて行った。

 

再開は、7つの地区が日曜日から封鎖に入るボゴタ、および8月の終わりまで惨劇に対する規制を延長しているアルゼンチンを含む、ラテンアメリカの他のいくつかの地域とは対照的である。

 

メキシコシティのクラウディアシェインバウム市長は、入院レベルを監視し、さらに活動を再開する時期を注視していると語っている。

 

シネメックスのオペレーション担当次長であるロドルフォエスコト氏は、再開することは映画館チェーンが人々に自信を呼び起こす能力の試練であり、何よりも、彼らがもはや外出することを恐れないことを確認すると語った。

 

数ヶ月の監禁の後、32歳の事務官であるCarmen Olivaは映画館に戻って喜んでいた。

「あなたは適応することを学ぶ必要があります」と彼女は言った。 「自分自身、そしてあなたが愛する人々のために対策を講じることを学ぶこと。」

 

一部の人々は、再開はメンタルヘルスにとって重要であると考えていた。

 

「あまりにも多くの時間が一人で感情的に影響を与えていた時期がありました」と30歳のジェシカレオンは、パンデミックでライトを消していた社交場がたくさんあるポランコのレストランで言った。

市当局は、バーの営業は、レストランとして登録し、30%の能力で営業し、営業時間を午前7時から午後10時までに制限している場合、再開を許可している。

 

「明らかにそれは売り上げに少し影響しますが、正直に言って、オープンにしてくれたことに感謝しています。それが最も重要なことです」とPolancoのレストランマネージャーであるJonathan Maquedaは言った。