メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコにおける新型コロナウィルスの状況2020年2月29日

メキシコでもついにコロナウィルス感染者がでたようですが、いずれもイタリア帰りの方のようです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコ政府は金曜日に、最近イタリアに旅行した3人の男性にコロナウイルス感染の3例を検出し、急速に広がるウイルスをラテンアメリカで2番目に登録したと述べた。

 

最初の症例は、メキシコシティでの最初の検査で陽性を示した35歳の男性であり、金曜日の早い段階で2回目の検査で陽性を示したと、ウゴ・ロペス・ゲーテル・ラミレス副保健大臣は記者会見で語った。

 

その男は、シナロア州北部の41歳の2番目の症例に関連していたと、ロペス・ゲートは記者団に語り、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領と話した。

 

保健当局は、金曜日の後半に行われた別の記者会見で、他の2人と一緒に旅行した3番目の症例を確認したが、3つの症例はすべて輸入されており、これまでのところ、人から人への感染の証拠はなかったと述べています。

 

ロペス・オブラドール大統領は、住民に冷静さを保つよう促した。

「この状況に対処する能力があります」と彼は言いました。 「入手可能な情報によると、これはひどいことではない。」

 

中略

 

コロナウイルスで確認された3人の男性は、2月中旬にイタリアに約1週間滞在し、北部の都市ベルガモでの会議で感染した可能性が高いと政府は述べた。

 

Lopez-Gatell氏によると、3人全員が隔離されており、当局者は5人の家族が隔離されているのを観察しているという。

 

メキシコシティの住民は軽い風邪のような症状があり、リスクが低いと彼は付け加えた。 しかし、シナロアの男性は症状を示さなかった、とシナロアの健康大臣エフレンエンシナスは別の記者会見で述べた。

 

今のところ、学校を閉鎖したり、人々を職場から遠ざける理由はありません、とロペス・ゲールは言った。「現時点ではまったく理由はありません」と彼は付け加えました。 「一般の感染はありません。」

 

それでも、ロペス-ゲートは、人々がメキシコで当たり前の挨拶である頬の軽い抱擁とキスを控えることを勧めた。 ブラジルは、新しいコロナウイルスの症例を報告したラテンアメリカで最初の国です。