メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース6月5日2020年

オイル価格は堅調です。

 

www.reuters.com

 

 

 

下記直訳です↓

 

原油価格は金曜日に上昇した。毎月の米国の失業率の予想外の低下と、過去の生産削減を拡大するかどうかに関する土曜日の議論を進めるというOPECの決定の後に。

 

ブレント原油先物は、グリニッジ標準時1243日現在、2.40ドル、つまり6.0%上昇し、1バレルは42.39ドルであった。 米国西部テキサスインターミディエイト(WTI)の原油先物は2.05ドル(5.48%)上昇し、1バレル39.46ドルになった。

 

米労働省は4月の14.7%から先月の失業率が13.3%に急落したことを示した。

 

ブレントは金曜日から17%上昇して3カ月ぶりの高値に達し、ロシアのような生産者にとってより快適な範囲に落ち着いた。 4月22日に1バレル$ 15.98まで下落して以来、契約は倍以上になっている。

 

WTIは先週金曜日の終値から11%上昇している。新しいコロナウイルスの蔓延を防ぐために課されたロックダウン措置を国が緩和したため、産出量の削減と燃料需要の改善の兆候により、ベンチマークは6週間の改善を記録している。

 

ロシアのエネルギー省は金曜日に、OPEC +として知られている主要な石油生産者のグループのビデオ会議が土曜日に開催されると述べた。

 

市場は、一部の遅れている国が協定に同調することに合意している可能性があることを期待していた。

 

OPEC +は、イラクと他の人々が既存の供給削減への順守を強化することに同意した場合、来週に予定されていた会議を進めると述べていた。

 

「明日会議が予定されており、価格は上がっています。 多くの混乱がありました...それで彼らは前進する方法を見つけたようです」ペトロマトリックスのコンサルタント会社のオリビエ・ヤコブは言った。OPEC +の2つの情報筋は、サウジアラビアとロシアがより深い削減を7月末まで延長することに合意したと述べたが、リヤドもそれらを8月末まで延長することを推進していると述べた。

 

 

以下省略