メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

ロシア金利関連ニュース4月25日2021年

ロシアの金利が上がりました。

今後も5~6%で維持されそうです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

 

*ロシアは2021年、2度目の利上げ

*中央銀行はより多くの利上げがすぐに可能であると述べた

*インフレを抑えるためにより高いレートが設定された

*ルーブルは利上げ後に固まった(中央銀行、アナリストの見解、詳細を追加)

 

ロシアの中央銀行は、ルーブル安、高インフレ、地政学的リスクを背景に、金曜日に主要金利を予想を上回る5%に引き上げ、今後さらに引き上げられる可能性があることを示唆した。

 

レートを4.5%から引き上げるという決定は、ロイターがポーリングしたアナリストの大多数と対立していた。ほとんどの人は、新たな制裁がルーブルに打撃を与え、インフレが減速の兆候をほとんど示さなかった後で、25ベーシスポイントの上昇を予測した。

 

今月、ロシアと米国およびヨーロッパとの関係は大幅に悪化した。制裁と外交的追放はルーブルを打ち砕き、すでに高いインフレの上方リスクをもたらした。

 

同行は声明のなかで、「需要の急速な回復とインフレ圧力の高まりにより、中立的な金融政策への早期復帰が求められている」と述べた。

 

「ロシア中央銀行は、今後の会合でキーレートをさらに引き上げる必要性を検討します。」

 

中央銀行はまた、初めて主要金利の軌跡を発表し、2021年の平均水準は4.8%〜5.4%で、金融政策の観点から中立的な金利範囲は5%〜6%である。

 

 

中央銀行は、その主要な責任分野であるインフレが3月に5.8%に加速し、2016年以来の最高値を記録したため、今年2度目の利上げを行った。

 

中央銀行は、インフレ率が以前の予想よりも遅く、2022年半ばにのみ4%の目標に戻ると述べた。

 

銀行は、経済が石油、ロシアの主要な輸出品、およびコロナウイルスのパンデミックの価格の急落から打撃を受けた2020年にキーレートを過去最低の4.25%に引き下げた後、貸付コストを引き上げた。

 

より低い金利はより安い貸付を通じて経済を支えますが、インフレを扇動し、ルーブルを外部ショックに対してより脆弱にする可能性もある。

 

エリヴィラ・ナビウリナ総裁は、銀行は今後の取締役会で金利を維持するか、25ベーシスポイント以上引き上げることを検討すると述べた。

 

「フォワードガイダンスは、今年のハイキングでさらに50ベーシスポイントを期待することが合理的であることを示唆している」とINGはメモで述べた。

 

シティのアナリストは、中央銀行が今年、金利を50から75ベーシスポイント引き上げる可能性があると述べた。キャピタル・エコノミクスの調査会社によると、6月には25ベーシスポイントの引き上げが見込まれ、2021年後半にはさらに引き上げられるとのこと。

 

次回の金利設定会議は6月11日に予定されている。