メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

原油関連ニュース2020年4月5日

メキシコの国有石油会社Pemexは格下げされてしまいましたが、

今後の原油価格はどうなるでしょうか。

原油関連のニュース2つです。

 

まずはこちら、ぺメックスに関する新たな計画が近々発表されるようです。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコのエネルギー大臣は、メキシコは石油投資と生産計画を推進する、原油および燃料市場の世界的な崩壊は短命であり、戦略の変更に値しないと金曜日にロイターに主張した。

 

ロシオ・ナーレエネルギー相は、インタビューの中で、近い将来、政府は、国営石油会社であるペトロレオスメキシカーノス(ペメックス)が所有する成熟した油田と精製所のネットワークへの投資機会を提供すると発表した。

 

 

 

「今日、私たちは石油の価格が低いこれらの段階の1つにいますが、これは恒久的ではありません。 石油は素晴らしいビジネスであり、世界で最高です」とナーレは述べた。

「他の世界と同じように、私たちは待つつもりです。」

 

左派のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の政権は、油田およびガス田の探査および生産権のオークションを再開することを検討していないと彼女は付け加えたが、これは多くの外国企業に支持されている。

 

エネルギーにおける国家の役割をより強く支持するエネルギーナショナリストであるロペス・オブラドールの親友であるナーレは、政府が国営ペメックスから原油生産を削減する計画を立てていないことを強調しました。 先月、世界的なベンチマークがその価値の半分以上を失った中で。

 

「すべての生産国は出力レベルを維持しています... Pemexもそれを行っています」とPemexの取締役会を率いるNahleは述べた。

 

彼女はまた、現在建設中の80億ドル規模のDos Bocas石油精製所を含む高価なインフラストラクチャプロジェクトを一時停止する計画はなかったと述べた。ロペス・オブラドールにとって最優先事項であり、メキシコを輸入燃料から引き離したいと繰り返し述べている。

 

借金が多いPemexは、オフショアプロジェクトのほとんどがオフショアポートフォリオでのリフティングコストが比較的低いにもかかわらず、原油生産量が15年連続で減少している。 現在の原油生産量は1日あたり170万バレルを超えている。

 

金曜日の後半、フィッチレイティングスは声明で「石油とガス業界の不況を乗り切るための同社の柔軟性は限られている」と述べ、ペメックスの信用格付けを引き下げた。

 

 

格付け機関にメキシコの石油大手に与える等級について、より「責任がある」ように要請したナーレは、Pemexは民間投資を希望する分野を決定することを強調したが、それらの詳細は週末または来週に明らかにされると述べた。

 

メキシコの国営電力会社CFEも同様の方針に従うと彼女は付け加えた。

世界中の原油と精製製品の生産者は、コロナウイルスのパンデミックによって引き起こされた経済減速による需要の減少に加えて、貯蔵のためのスペースを見つけることが困難になっているため、生産削減をすでに発表している。

 

ラテンアメリカでは、最大の地域生産国であるブラジルの国営ペトロブラスで、今週、当初予定されていた100,000バレルの削減量から1日あたり20万バレル(bpd)に生産量を削減し、労働時間を短縮して石油プロジェクトへの投資を遅らせる。

 

ベネズエラでは、国営のPDVSAの原油生産量がここ数週間で約67万バレルにまで落ち込んでおり、これは前月に比べて25%減少している。アジアでの原油の需要は急落した。

 

トレーダーが提供したデータのロイター分析によると、ラテンアメリカの主力原油グレードは、3月中旬の価格と比較して、今週平均して1バレルあたり7ドルを下回った。

 

S&P Global Plattsが提供したデータによると、メキシコのマヤの重原油、最も重要な地域のベンチマークは金曜日に上昇したが、1週間の平均は3月中旬の17.34ドルに対して1バレルあたり12.75ドルであった。

 

長期的な価格低迷の見通しにもかかわらず、Nahleは間もなく発表される政府の計画が業界の憂鬱な現在に対抗するのに役立つはずであると強調した。

 

「多くの(投資機会)が来ており、興味のある人、このビジネスに従事している人、そして知っている人が参入するでしょう」と彼女は言った。

 

 

 

そんな中、OPECプラスの会議が行われます。

どうやら米国の出方次第でどうとでもなりそうな感じですね。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

OPECとロシアは、石油生産量削減について議論するための月曜日の会議を4月9日まで延期した。OPEC筋は土曜日に、原油価格の下落の責任は誰にあるかについてのモスクワとサウジアラビア間の論争が激化したと述べた。

 

この遅れは、サウジアラビアとその同盟国(総称してOPEC +と呼ばれる)が率いる石油輸出国機構に対し、世界の石油市場を緊急に安定させるよう求めるドナルドトランプ米大統領からの圧力を受けて生じた。

 

原油価格は、コロナウイルスの発生を封じ込めるためのロックダウンによって引き起こされた需要の低迷、およびロシアが主導するOPECおよびその他の生産者が3月31日に期限切れになった産出抑制策を拡張することに失敗したため、3月30日に18年ぶりの安値をつけた。

 

OPEC +は、加盟国が米国を含む前例のない世界的な取り組みであると期待している世界の供給量の約10%、または1日あたり1000万バレルの石油換算生産を削減する契約に取り組んでいる。

 

ワシントンは、しかし、まだ努力に参加することを約束しておらず、金曜日にロシアのウラジミールプーチン大統領はサウジアラビアの物価の崩壊のせいにし、土曜日にリヤドからのしっかりした反応を促した。

 

中略

 

OPEC筋は後にサウジロシアを軽視し、雰囲気はまだ好調であると述べたが、まだ草案はなく、生産削減の基準となる基準レベルなどの詳細については合意がなかった。

 

「最初の問題は、危機前の生産レベルに戻るのではなく、現在の生産レベルから削減しなければならないことです」とOPEC筋の1人は述べた。 「2番目の問題はアメリカ人です。彼らは役割を果たす必要があります。」

 

 

今週のバレル当たり20ドルの安値から回復した石油は、金曜日にブレントが34.11ドルに落ち着いたが、2019年末の時点の66ドルをはるかに下回っている。トランプ氏がロシアとサウジアラビアに大幅な生産削減を発表することを期待していると語ったとき、価格は木曜日に史上最大の1日の上昇を得た。 

 

米国はOPEC +の一部ではなく、特に米国の独占禁止法のために、生産を抑制するワシントンの考えは長い間不可能であると考えられてきた。

 

それでも、原油価格の暴落により、米国の石油生産の中心であるテキサスの規制当局は、50年近くで初めて産出量の調整を検討するようになった。

 

しかし、米エネルギー長官のダン・ブルイエットは、金曜日に石油業界の指導者との電話で、米国の生産削減の可能性について言及しなかった、と電話を聞いた情報筋は述べた。

 

土曜日に、米国大統領ドナルドトランプは、代わりに原油価格の暴落への対応として関税に焦点を合わせた。

 

「外部からの石油に関税を課す必要がある場合、または何万人ものエネルギー労働者とこれらのすべての仕事を生み出している私たちの偉大な企業を保護するために何かをする必要がある場合、私は何でもしなければなりません トランプ氏は記者団に対し、コロナウイルスの発生についてのブリーフィングで語った。

 

メリーランド州ベセスダにあるRapidan Energy Groupの社長であるロバートマクナリーは、次のように述べている。

 

ロシアのエネルギー相であるアレクサンダー・ノバク氏はロシアの国営メディアに対し、米国は産出量削減に法的制限があることを理解しているが、それでも柔軟性があるべきだと述べた。

 

OPEC +に属していない他の石油生産者は、支援する意欲を示しています。 世界で3番目に大きい石油埋蔵地があるカナダのアルバータ州は、世界的な協定に参加する可能性がある。

 

以下省略