メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ格付け関連ニュース3月27日2020年

ついに格下げされました。

こんな時に格下げするなんてひどいなぁ。

 

まずはこちら

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

S&Pは木曜日にメキシコの信用格付けを引き下げた。コロナウイルスのパンデミックと国営石油会社ペメックスへの原油価格の急落によるヒットが成長見通しに打撃を与え、苦戦している経済に圧力を重ねた。

 

格付け機関は、メキシコのソブリン格付けをBBB +からBBBに引き下げ、Pemexのスタンドアロンクレジットプロファイルをb-からccc +に格下げした。

 

メキシコの経済はすでに2019年に景気後退に転じており、COVID-19と呼ばれる呼吸器疾患を引き起こすコロナウイルスは今年、急激な景気後退の恐れを引き起こしている。

 

中略

 

S&Pは、2020年にメキシコの国内総生産(GDP)が2%から2.5%減少すると予想していおり、見通しは他の一部の予測よりも悲観的ではありません。 格付け機関は、来年、経済は2%強回復するとみている。

 

「格下げは、実質的な一人当たりGDP成長率が、同様のレベルの経済発展を持つ同業他社のそれを下回るだろうという私たちの修正された期待を反映しています」とS&Pは付け加えた。

 

J.P.モルガンは木曜日の後半にも成長予測を引き下げ、第2四半期のメキシコ経済は季節調整済みの年率で35.5%減少し、2020年の間に7%減少すると予想していると語った。

 

S&Pはまた、メキシコの見通しをネガティブにして、長期的な現地通貨のソブリン信用格付けをA-からBBB +に引き下げました。

 

コロナウイルスは50万人以上の人々に感染し、世界中で22,000人以上を殺害し、地球全体に経済的混乱を引き起こしている。

メキシコの経済は昨年0.1%縮小した。

 

 

 

つぎにこちら、

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

S&Pグローバルレイティングスは、メキシコと国営石油会社であるペトロレスメキシコノスの格付けを引き下げた翌日、メキシコはコロナウイルスのパンデミックの影響から回復するまでに最も時間がかかるラテンアメリカの国になると言った。

 

格付け機関は、フィッチ・レイティングスがペメックスが地域の同業者の間で最も大きな打撃を受けるであろうと述べた。

 

ラテンアメリカのS&Pのソブリン格付けの主席アナリスト、リサ・シネラー氏は、アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の政府は、問題のある石油会社への強力な支持を表明したと語った。

 

「政府はPemexに並外れたサポートを提供します-ほぼ完全に確実です」とSchinellerは言い、格付け機関はPemexの格付けを主権者の格付けに結び付け続けるだろうと付け加えた。

 

木曜日のBBB +からのカット以降、どちらもBBBと評価されます。