メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース5月6日2020年

メキシコの金利関連のニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

火曜日に示された最新の政策会議議事録によると、メキシコの中央銀行は金利をさらに引き下げる可能性が高く、コロナウイルスのパンデミックのショックから経済を守るための借入コストの大幅な削減を支持する理事会のメンバーもいる。

 

メキシコ銀行の理事会の5人のメンバー全員が満場一致で投票し、4月21日のサイクル外会合で、オーバーナイトの銀行間金利を50ベーシスポイント下げて6%にし、中央銀行は金融システムへの支援として約310億ドルを発表した、 経済がコロナウイルスのパンデミックを乗り切るのを助けるため。

 

ある理事会メンバーは、最も堅実なコースは実質的に政策金利を引き下げ、実質金利はできるだけ早く中立水準を下回るようにし、ゼロに近い、あるいはマイナスの領域に向かって移動する可能性を含むと主張した。

 

中略

 

モルガン・スタンレーは、来たる5月14日の政策会議でさらに50ベーシスポイントの削減を期待しているが、ゴールドマン・サックスのエコノミスト、アルベルト・ラモスは別のレポートで、中央銀行が政策金利を2020年末までに4.50%に引き下げると予想していると語った。

 

メキシコの経済は、コロナウイルスのパンデミックにかつてない衝撃に直面しており、最近のソブリンおよび国営石油会社ペメックスの信用格付けの低下などの「特異な」要因が問題を悪化させていると議事録は伝えている。

 

議事録によると、メキシコ銀行の理事会メンバーのほとんどは、「パンデミックによって国内経済が直面している厳しい環境と原油安が悪化することを警告している」とのこと。

 

以下省略