メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコにおける新型コロナウィルスへの対応3月19日2020年

メキシコの新型コロナウィルス関連のニュース2つです。

 

1つ目のニュースは、経済刺激対策に関するものです。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの下院は水曜日に、コロナウイルスとの戦いなどの緊急事態で使用するために約1,810億ペソ(75億ドル)を解放する基金を作成する法案を承認した。

法案は現在、メキシコ上院に渡されます。

 

 

 

2つめは、メキシコにおける新型コロナウィルス感染拡大の状況です。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコは、先週症状が始まった41歳の糖尿病のメキシコ人男性が死亡し、コロナウイルスによる最初の死亡を登録した、と保健省は水曜日遅くに述べた。

 

すぐに利用できる詳細はありませんでした。

 

以前、メキシコ保健省は、メキシコで確認されたコロナウイルスの症例数は、水曜日の午後までの24時間で27%増加し、1日前の93件から118件に増加したと述べた。

 

メキシコは2月28日にコロナウイルス感染症の最初の症例を記録した。医療制度が薬物調達の困難な改革の真っ只中にある国に対するアウトブレイクの潜在的な影響について懸念が高まっている。

 

メキシコ大統領のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドールは、米国とカナダがウイルスの拡散を封じ込めることを目的とした対策を強化しているにもかかわらず、苦しんでいる経済に損害を与える可能性のある公的規制を命じる要求に抵抗した。

 

その日早くに、米国国境で最大のメキシコの都市であるティファナの市長は、感染のリスクを下げるために、米国への訪問を制限するよう居住者に促しました。

市長のアルトゥーロ・ゴンザレスは、居住者が義務付けられない限り、居住者が米国に渡るべきではないと述べた。