メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース6月14日2020年

メキシコの現状に関するニュースです。

感染は拡大していますが、ロックダウンは緩和されるようです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコシティの市長は金曜日に、メキシコの首都は来週、自動車交通と公共交通機関に対する制限を解除し、340,000の工場工事が復活することを許可すると発表した。コロナウイルスの新しいケースがまだ増加しているにもかかわらず。

 

メキシコシティとそれに隣接する都市のスプロールは、2,100万人以上の人々の本拠地であり、この地域は、国内で確認された13万9,000人のコロナウイルス症例の40%以上を占めている。金曜日にメキシコは、5,000件を超える新しい症例の記録を報告した。

 

「来週、市は非常に秩序だった移行のプロセスを開始できると思います」とクラウディア・シェインバウム市長は述べ、病院の稼働率にはわずかな低下があり、市の感染の警戒レベルは一段階下がっていたと述べた。

 

自動車交通と公共交通の抑制は月曜日に緩和されることになっている、そして工場は厳しい衛生保護の下で火曜日に開き始めるだろうと市政府は言った。

 

木曜日には、小さなお店が再開する許可を得ますが、「産業」に関連する専門サービスと科学者は金曜日から戻ることができると付け加えた。

 

条件が適切と思われる場合は、ストリートマーケットと市内の歴史的中心部が6月22〜28日の週に再開される。