メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

ロシア経済ニュース4月19日2021年

ロシア経済に関するニュースです。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

ロシア経済は最近の米国の経済制裁に耐えることができるが、ソブリン債務に対するさらなる措置への扉が開かれたままであるため、より損害を与える制裁の懸念が大きく迫っている、と格付け機関は述べた。

 

 

米国政府は先週、ロシア企業をブラックリストに載せ、ロシアの外交官を追放し、米国の銀行がロシアの中央銀行、国債基金、財務省から国債を購入することを禁じた。米国はロシアに対し、より多くの罰則が可能であると警告したが、エスカレートしたくないと述べた。

 

フィッチ・レーティングスは、これらの措置がロシアのマクロ経済と金融の安定を損なう、または債務返済の支払いを妨げるとは考えていないと述べたが、制裁はロシアの信用プロファイルの最大のリスクであり続けると警告した。

 

「大統領命令は、米国政府がロシアに対するソブリン債務制裁を適切に拡大する権限を与えており、フィッチは依然として制裁がロシアの格付けに対する主要なリスクであると考えている」とフィッチはメモで述べた。

 

先週の制裁措置は、米国の選挙干渉、サイバーハッキング、ウクライナへのいじめなどの行動でロシアを標的にしましたが、クレムリン批評家のアレクセイナワルニーの健康状態の悪化や、2014年の弾薬庫での爆発によるチェコ共和国との外交的スパッツなど、新たな脅威が浮上している。

 

ウクライナは月曜日、欧州連合加盟国に対し、ロシアに新たな制裁を課すよう求めた。

 

 

先週の制裁措置が発表された後、ルーブルは損失を取り戻し、価格に反比例するロシアの債券利回りは低下した。しかし、アナリストによると、モスクワの主要な資金調達手段をターゲットにする動きは、広範囲にわたる結果をもたらす可能性があるという。

 

中略

 

「制裁が資金調達の選択肢に重きを置いているため、制裁が存在しない場合よりも国内外の投資活動が有意に低いままである可​​能性が高く、国の長期的な成長の可能性と生活水準を高めるという政府の野心を複雑にしている」とムーディーズは述べた。