メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

ロシア経済ニュース2月14日2021年

ロシアはいつもこんな感じかもしれないですが、

ロシアとヨーロッパ諸国との関係が悪化しているようです。

 

www.reuters.com

 

以下直訳です。↓

 

彼らが痛みを伴う経済制裁でそれに当たった場合、欧州連合との関係を断ち切る準備ができているとロシアは金曜日述べた、ドイツが理解できないと述べた声明である。

 

すでに冷戦後の低位にあるロシアと西側の関係は、クレムリン評論家のアレクセイ・ナワルニーの逮捕と投獄をめぐって新たな圧力にさらされている。

 

欧州の3人の外交官は木曜日にロイター通信に対し、EUはおそらく今月すぐにロシアのウラジーミルプーチン大統領の同盟国に旅行禁止と資産凍結を課す可能性が高いと語った。

 

モスクワが先週、モスクワに訪問したEUの外交政策責任者に告げずにドイツ、ポーランド、スウェーデンの外交官を追放することでヨーロッパ諸国を激怒させて以来、制裁の圧力が高まっている。 パリとベルリンは、対応が必要だと言っている。

 

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、金曜日に同省のウェブサイトに公開されたインタビューで、モスクワがEUとの関係を断ち切る方向に動いているかどうか尋ねられた。

 

 

「私たちは準備ができているます。 最も敏感な分野を含め、私たちの経済にリスクをもたらすいくつかのセクターに制裁が課せられた場合に備えて」とラブロフ氏は述べた。

 

「私たちは自分たちをグローバルから孤立させたくはないが、そのための準備ができている必要がある。 平和が欲しいなら、戦争の準備をしてください。」

 

ドイツの外務省のスポークスマンは、「これらの声明は本当に当惑させ、理解できない」と述べた。

 

クレムリンは、金曜日の後半にラブロフの言葉のよりソフトな解釈を提供した。 ロシアはEUとの関係を断ち切るのではなく発展させたいと述べたが、モスクワはブリュッセルが関係を断ち切るための措置を講じる準備ができていなければならないと感じた。

 

 

以下省略