メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

Pemex関連ニュース2019年7月4日

Pemex関連のニュースがでていました。

 

www.reuters.com

以下直訳です。

 

同国の石油規制当局への提出によると、メキシコ州の石油会社Pemexは、最近2週間前に限られた資源に焦点を絞ると誓っていたが、危険なメキシコ湾深海プロジェクトを進めている。

 

Pemexは、5月下旬にAndres Manuel Lopez Obrador大統領が昨年の地滑り的勝利で選出される前のオークション月に1万フィート(3,000 m)以上の水深で掘削することを規制当局の承認を求めて獲得した。

 

Petroleos Mexicanosは、Pemexが正式に知られているように、1,060億ドルの債務で悩まされており、2004年以来半減している生産量の増加を強く求められている。

 

Lopez Obradorの下で、Pemexは技術的な専門知識がある浅瀬および陸上のプロジェクトを開発することを約束しました。

 

しかしPemexは、承認された探査計画によると、2021年第2四半期に掘削を計画し、超深海プロジェクトに4年間で約1億600万ドルを投資することを約束した。

 

この地域は、アメリカ湾岸の生産者が毎日約200万バレルを耕作している豊富な深海盆地であるPerdido Fold Beltに位置している。

 

深海掘削計画を公表していないPemexは、この物語に対するコメントの要請に応じなかった。Lopez Obradorは今月中にPemexの新しい事業計画を発表する予定です。

 

エネルギー規制当局のNational Hydrocarbons CommissionのコミッショナーであるAlma American Porres氏は、同社が深海で石油を狙っている場合、技術的に複雑な開発に参加するには「間違いなく」別の石油会社を採用する必要があると述べた。

 

Pemexの最も先進的な深海プロジェクトは、BHP Groupが運営する数十億ドル規模のTrionプロジェクトである。

 

このベンチャー企業は、ペペックスと共に働く民間石油会社を招き入れるように設計されたオークションをキャンセルしたロペスオブドラドール政権よりも前にある。

 

中略

 

先月、信用格付け会社のフィッチは、負債を投機的な「ジャンク」格付けに格下げした。これは将来の借入コストを引き上げる可能性がある。

 

「今のところ、政府はPemexに全力を尽くさせるという戦略を使い尽くすまでその方針を変えることはないだろう」とCotaは述べた。

 

しかし、業界の専門家や格付け機関が、ロペスオブドラドーが今月中にペメックスの新しい事業計画を完成させる前に、ペメックスに進路を変えるよう圧力をかけている。

 

その事業計画は「最後ではないにしても、石油生産を回収し、それによって会社の財務状況を改善するための信頼できる将来の道を提示するための重要なチャンスを表している」と証券会社Finamexは今週初めに発表した報告書で述べた。

 

特に深海プロジェクトで、Pemexが新しい合弁事業を受け入れることは、Finamexの重要な推奨事項でした。

 

以下省略

 

分かりずらいのですが、要するに、Pemexはオブラドール大統領誕生前に決まった深海プロジェクトを進めていて、それを続けるかどうか、または合併するかどうかが、大統領が今月中に発表する事業計画の一つのポイントである、というところでしょうか。