メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース4月11日2021年

メキシコの金利の見通しに関するニュースです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコ銀行の金融政策緩和サイクルが前回の会合で一時停止したからといって、サイクルが終了したわけではなく、理事会メンバーは再開を許可する条件に目を光らせていると、その政策会合の議事録は木曜日に示した。

 

 

バンキシコとして知られる中央銀行は、3月25日の前回の政策会議で予想通り主要金利を4.0%に据え置いており、インフレは今後数ヶ月で以前の予測よりわずかに高くなる可能性が高いと述べた。

 

メキシコ銀行の5人の取締役全員が、金融政策はインフレ期待の固定を確実にする必要があり、見出しとコアインフレは下降傾向に従うことを強調した。

 

「ほとんどのメンバーは、緩和サイクルのこの一時停止は、そのサイクルが終了したことを意味するものではなく、条件がそれを継続することを可能にする場合を見据えているだろう」と議事録は述べた。

 

議事録は、金融政策は回復に貢献するかもしれないが、物価の安定を危うくすることなくそうしなければならないと指摘した。

 

メキシコの消費者物価は、燃料価格の上昇により、3月までの1年間で4.67%上昇し、2018年12月以来の最高水準に達し、メキシコ銀行の目標範囲を上回った、と木曜日にデータが示した。

 

以下省略