メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

ロシア経済ニュース3月31日2021年

ロシアの経済状況に関する格付け会社ムーディーズの見解です。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

格付け機関のムーディーズは水曜日に、石油価格の回復とコロナウイルス規制の段階的な解除のおかげで、今後12〜18か月のロシアの銀行システムの見通しをマイナスから安定に引き上げたと述べた。

 

COVID-19のパンデミックと石油価格の急落は、銀行セクターに圧力をかけている。トップの貸し手であるズベルバンクは、3月初めに、不良債権に対する引当金により、昨年の純利益が10%減少し、パンデミック前の利益目標を達成できなかったと語った。

 

しかし、急成長しているオンライン銀行のTinkoffは、昨年、純利益が22%増加したことを示しており、このセクターにある程度の回復力があることを示している。

 

ムーディーズは、ロシアの国内総生産(GDP)は、2020年に3.1%縮小した後、2021年に2.3%、2022年に2.1%増加すると予想していると述べた。

これらの推定値は、水曜日に発表された世界銀行の最新の予測である2021年と2022年のGDP成長率がそれぞれ2.9%と3.2%よりも低かった。

 

ユーラシア開発銀行(EDB)のエコノミストはさらに楽観的で、2021年にロシアで3.3%のGDP成長率、隣接するカザフスタンで4%の成長率を予測した。

 

中略

 

「しかし、インフレ率の上昇と債券個人預金の魅力の低下が銀行資金の構造的変化を引き起こし、定期預金から当座預金や証券市場への貯蓄の流れを加速させることも予測しています」とムーディーズは述べた。