メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

Pemex関連ニュース2019年7月17日

Pemex関連のニュースがでていました。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの新たに任命された財務大臣、Arturo Herreraは火曜日に、その日の早い段階で国営石油会社Pemexによって提示された事業計画が格付け機関との恒久的な対話の最初のステップであると述べた。

 

「事業計画は格付機関との対話の第一歩です...私たちは恒久的な会話をするつもりです。」国会議員が財務大臣としての彼の任命を承認することを票決したあと、Herreraはジャーナリストに言いました。

 

「私たちが今やらなければならないのは、はい、信用格付けを心配することですが、とりわけPemexの生産量を増やすことが私たち自身の懸念である」とHerreraは述べた。

 

続いてはこちら

www.reuters.com

 

メキシコは火曜日、世界で最も恵まれた石油会社を深淵から復活させるための待望の事業計画の一部を明らかにした。しかし政府の支援における72億ドルの誓約は、格下げの懸念を払拭することに失敗した。

 

Petroleos MexicanosのCEOであるOctavio Romero、またはPemex は、記者会見で200ページにわたる計画の概要を発表しました。

Romero氏によると、この計画では、会社の収入の大部分を連邦政府に譲渡し、会社を財政的に見苦しいものにする煩わしい利益分配税が取り上げられています。

 

中略

 

資本注入は「非常に迫力にかける」、シティリサーチはPemex自身の見積もりでは年間100億ドルから150億ドルが必要だと指摘し、報告書で述べています。

「ムーディーズによるジャンクへの格下げの可能性は高まっています」とシティは言い、次の6か月以内にそのような行動が予測されると付け加えました。

 

「失望する計画は、メキシコが緩やかに悪化している信用であるという我々の見解を補強するものです。」

 

中略

 

[Moody's]からの格下げは、Pemexをジャンククレジットとして正式に確認するでしょう。 そのような場合、そのような資産の保有を禁止する権限を持つファンドの中には、ペメックス債を売却しなければならないものもあります。

 

以下略

 

ということで、Pemexの計画はいまいちだったようです。