メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ利下げ2019年9月27日

予想通り利下げしました。

利下げ関連のニュースです。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は、インフレ率の低下、経済の低迷の拡大、およびわずかな景気回復への期待に言及し、2回連続で主要な金利を25ベーシスポイント引き下げて7.75%にした。

 

多数決で、メキシコ銀行の5人の委員会は、アナリストとエコノミストによるロイターの世論調査に沿って、オーバーナイトの銀行間金利を引き下げることを決定した。

 

2人の取締役会メンバーはさらに率先して50ベーシスポイントを引き下げ7.50%に投票したと、バンキシコは会議後の声明で述べた。

 

「見出しインフレ率の低下、経済の十分なスラック、最近の対外および国内イールドカーブの動きを考慮して、メキシコ銀行の理事会は、銀行間一晩金利の目標を7.75%に引き下げることを多数決した」 。

 

インフレ率が3年ぶりに銀行自身の目標である3%を下回り、経済が1年近くくすぶり、2人の取締役がより積極的な動きを要求したことを考えると、さらなる削減が見込まれるかもしれない。

 

「クレジットへのアクセスは、メキシコの企業の業績にとって重要な問題の1つであることが証明されています。 非常に高価になる傾向があるため、メキシコ経済の成長を再活性化するために(利下げ)が重要になる」とメキシコ経済大臣のグラシエラ・マルケスは、ニューヨークでのブルームバーグのイベントで述べた。

 

マルケス氏によると、インフレの緩和と米国連邦準備制度理事会の最近の利下げにより、バンクシコは利下げの「追加の余地」がある。

 

 

以下省略

 

ということで、利下げの流れは継続しそうです。