メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

関税見送りニュース6月8日2019年

どうやら不法移民問題でアメリカとメキシコは合意に達したようです。

こんな脅しがまかり通ってはいけないと思うので、当然の結果ですが。


www.reuters.com

 

以下直訳です↓(間違えてる部分もあるかもしれないので、正確には本文を参照してください)

 

米大統領ドナルド・トランプ氏は金曜日、メキシコ政府が米国との国境を越える中央アメリカ人の移住を阻止するために「強力な措置」をとることを約束することにより、関税争いを回避することで合意したと述べた。

 

メキシコが国境を厳しくするという彼の要求に同意しなかったならば、トランプは月曜日からすべてのメキシコの商品に5%の輸入関税を課すと脅迫した。

彼の契約発表は、ワシントンでの3日間のメキシコ交渉の後に行われた。

 

「メキシコに対して月曜日に米国によって実施される予定の関税は、これにより無期限に中断されます。」トランプは金曜日の夜にツイッターで言った。

 

「メキシコは、今度は、メキシコを通じた移民の潮流を防ぐために、そして私たちの南部の国境に向かって強い措置を講じることに同意しました。 これは、メキシコから米国への不法入国を大幅に減らす、または排除するために行われている」とトランプ氏は付け加えた。

 

トランプ氏によると、この協定の詳細は米国国務省によって間もなく発表されるという。

 

米国の国境警備隊は5月にメキシコから渡る132,000人以上の人々を逮捕した。これは2006年以来最高の月レベルである。彼が「侵略」と表現したことに反対したトランプ氏は、メキシコがこの問題に対処しない限り、25%までの賦課金を課すと脅していた。

 

メキシコは会談中にグアテマラとの国境南部に6,000人の軍隊を派遣することを申し出たが、経済開発援助を含む長期的な解決策を望んでいると述べた。

 

メキシコは、トランプの選挙基地と見なされる農業および工業国からの製品を対象とした、考えられる報復関税のリストを作成した。共和党の2020年の再選挙に向けて中国の戦術を使用した

 

メキシコに関税を課すことは合衆国をその3つの最大の貿易相手国のうちの2つとの貿易戦争と闘い、世界経済の減速に関してすでに端を打っている金融市場をさらに不安にさせるでしょう。

 

中略

 

経済学者たちは、2008年の金融危機に続く世界的な経済拡大が鈍化し、不況のリスクが高まったときに、2つの貿易紛争が供給ラインに損害を与え、消費者をピンチする可能性があると語った。

 

中略

 

米国のビジネスグループは一般的に関税に反対し、企業のコストを引き上げ、米国の消費者の価格上昇につながると警告した。トランプの他の共和党員もまた、二面間の貿易戦争の見込みに熱心ではなかった。