メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース2020年3月6日

メキシコの金利関連のニュースです。

当然の動きですが、利下げ幅が大きくなりそうです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は、3月下旬の金融政策会議で主要な金利を50ベーシスポイント引き下げると見られている。2週間前の米連邦準備制度理事会の驚きの利下げ後の予測より25ベーシスポイント高い。

 

FRBは火曜日に金利を半分の割合で引き下げて、世界最大の経済をコロナウイルスの影響から保護するために目標範囲1.00%から1.25%に引き下げましたが、緊急事態への動きは、米国金融市場の落ち着きを脅かした。

 

「FRBの目標金利の緊急削減を考慮して、Citibanamex Expectations SurveyのコンセンサスはBanxicoがそれに応じて対応することを予想しています」と調査は述べた。

 

メキシコ銀行、または現地で知られているBanxicoは、2月13日に5回目の連続会議の主要金利を、景気の停滞と目標インフレ率をわずかに上回る中、25ベーシスポイント引き下げ7.0%にした 。

 

調査は、米国銀行シティグループのメキシコ子会社が25人のアナリスト間で実施したもので、メキシコのベンチマーク金利は、2020年末に6%、2021年末に5.75%になり、以前の推定値6.38%と6%よりも低くなると予測している。

 

Banxicoは次の金融政策会議を3月26日に開催する。