メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース3月4日2021年

メキシコ経済の見通しに関するメキシコ中央銀行の見解です。

 

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

水曜日のメキシコの中央銀行は、今年と来年の経済成長と雇用創出について以前の予測より楽観的な見方を示した、しかしコロナウイルスのパンデミックはまだ見通しに深刻なリスクをもたらしていると述べた。

 

四半期報告書で、銀行は、中心的なシナリオは国内総生産が2021年に4.8%、2022年に3.3%拡大するというものであり、2021年の3.3%と2022年の2.6%の成長という以前の予測から増加すると述べた。

 

中略

 

経済のより明るい予測は、2020年末のより高い成長基盤と米国の産業活動のより強い成長予測に基づいていると、メキシコ銀行は述べた。

 

しかし、短期的には、2021年初頭の大幅な景気低迷によって部分的に相殺されるだろうと述べた。

 

アレハンドロ・ディアス・デ・レオン中央銀行総裁は、景気回復の速度は国によって異なり、COVID-19に対するワクチンの展開と経済刺激策の規模に大きく依存すると述べた。

 

メキシコはほとんど刺激を注入しておらず、製薬会社が約束したワクチンの配達に苦労している。

 

中略

 

メキシコ銀行は、3か月前の15万から50万の予測から、今年は社会保障給付を支払う25万から57万の仕事が追加されると予想した。