メキシコペソ応援ブログ

週間予想、ニュース、ロシアルーブル情報も

メキシコ経済ニュース7月3日2021年

メキシコの今後の金利見通しに関連するニュースです。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコ銀行の副総裁は、メキシコの金利の最良のシナリオは、米連邦準備制度理事会が何をするかを待つ「比較的長い休止」であるが、インフレが5%近くまで緩和されない場合、メキシコ銀行が行動しなければならないだろうと述べた。

 

メキシコ銀行の取締役会は、6月24日の前回の政策会議で、ベンチマーク金利を25ベーシスポイント引き上げて4.25%にすることを過半数で決定し、米国のインフレ期待への悪影響を回避し、価格形成を引用する必要があると述べた。

 

メキシコ銀行のジョナサン・ヒース副総裁は、グルポとのポッドキャストインタビューで、「最善のシナリオは、可能な限り比較的長い休止期間を設け、FRBが列車に乗り、同じことをするために利上げを開始するのを待つことだ」と述べた。

 

ヒース氏は、今後の金融政策会議でのメキシコ銀行の5名の理事会での議論は、ベンチマーク金利を据え置きできる期間について中心に行われると述べ、インフレなどの主要指標の進化が重要であると強調した。

 

「インフレ率が今年の残りの期間で5%近くまで下がらない場合は、行動を起こす必要があります」とヒース氏は述べている。

 

メキシコの消費者物価は、6月上半期までの1年間で6.02%上昇し、メキシコ銀行の目標である3%プラスマイナス1ポイントを大きく上回った。