メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース2019年7月30日

メキシコの経済刺激策に関するニュースです。


www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

Arturo Herrera財務相は、月曜日にメキシコで発表された250億ドルの景気刺激策が直ちに影響を与えるはずだと述べた、ラテンアメリカの2番目に大きい経済が景気後退の危機に瀕しているが。

 

このパッケージは、メキシコの国家統計局が第2四半期の成長率を発表し、経済が不況に陥ったかどうかについての議論する数日前にやって来る。

 

メキシコはGDPの1%の一次予算黒字を目標としており、Herreraは記者会見でこのパッケージは予算に影響を与えないと述べた。Herreraは、パッケージが経済成長に与える影響についての予測を示していない。

 

「われわれは、インフラプロジェクトの創出を促進し、インフラ投資と個人消費を奨励することを可能にする4,550億ペソ(255億ドル)を動員する行動を決定した」とHerreraは述べた。

 

Herrera氏によると、パッケージにはクレジットが含まれ、今年の支出が加速し、2020年に予定されていた商品やサービスの購入が促進され、同時にインフラ基金も利用されるという。どれだけの金額が新しい資金であるかは明らかにされなかった。

 

「メキシコは(世界的な逆風に対して)免疫力があるわけではないため、経済を支援することを目的としたプログラムを開始することを検討しています」とHerreraは述べた。「これは経済に直ちに影響を与える一連の行動です。」

 

メキシコ財務省は声明の中で、パッケージには道路や都市開発などの官民インフラプロジェクトが含まれると述べたが、開発銀行は中小企業に融資を提供する。

 

景気後退は、国民経済が深刻な収縮に直面しているという考えを棄却したアンドレスマヌエルロペスオブドラドール大統領にとって打撃となる。

 

Herreraはまた、彼がCarlos Urzuaから引き継いだ後、上級官僚のGabriel Yorioが副財務大臣として成功するだろうと語った。

 

ということで、GDP成長率発表前に予防線を張っているようです。