メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ金利関連ニュース、11月29日2019年

メキシコの金利関連ニュースです。

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は、経済活動は予想よりも弱く、インフレは以前考えられていたよりも早く冷える可能性があると述べ、将来の利下げに門戸を開いたままにした。銀行の最後の金融政策会議の議事録は木曜日に示された。

 

その11月14日の会議で、メキシコ銀行は3回連続で借入コストを削減し、主要金利を25ベーシスポイント下げて7.50%にし、ここ数ヶ月で悪化した可能性がある成長見通しにフラグを立てた。

 

取締役会メンバーのジェラルド・エスキベルとジョナサン・ヒースは、両方とも前回の会議で50ベーシスポイントのレート引き下げに投票した。

 

中略

 

メキシコ銀行は水曜日に経済成長予測を引き下げ、ラテンアメリカの2番目に大きな経済が2019年をわずかな収縮で終わらせる可能性があると警告した。 しかし、メキシコが現在不況に陥っていることは否定した。

 

 

 

ということで、次回も金利は引き下げられそうですね。