メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース11月27日2019年

メキシコ政府が発表したインフラ投資プランに対するムーディーズの見解です。

 

www.reuters.com

以下、直訳です↓

 

メキシコ政府と民間部門との間のインフラストラクチャへの投資に関する合意は「ポジティブ」であり、弱い経済成長をもたらす可能性がある、格付け機関のMoody's Investors Serviceのアナリストは火曜日に語ったが、課題は残っている。

 

5年間のインフラ計画の第1段階は、運輸、観光、電気通信セクターの147のプロジェクトにまたがる合計859億ペソ(443億ドル)の民間セクターのコミットメントで構成されている。

 

「インフラストラクチャの発表に関しては、メキシコの特定の地域で成長を促進できるプロジェクトを特定するために政府と民間部門との間で合意が得られていると確信しています。」ムーディーズのアナリスト、アリアン・オルティス・ボリンは、インタビューでロイターに語った。

 

「この実装が迅速かつ効果的であり、投資の否定的な見方にプラスの影響を与える場合、成長にプラスの相乗効果をもたらす可能性がある」と彼女は付け加えた。

 

Ortiz-Bollinはまた、暴力が観光を含む経済の特定の部門に影響を及ぼしており、政府が問題を解決するためにより多くを使うことを義務付けていることも強調した。

 

中略

 

Pemexは昨年末の1,058億ドルから金融負債を996億ドルに削減したが、ムーディーズなどは、投機的またはジャンクステータスへの格下げを回避するために政府はもっと多くのことを行う必要があると警告している。

 

ムーディーズは、ペメックスが政府からの支援で年間約200億ドル(政府がこれまでに発表したことの約半分)が債務を返済し、探査と生産に投資するために必要だと計算した。

 

「私たちの推定では、政府が提供しているものの2倍を必要としている」とオルティス・ボリンは言った、加えて、政府が負債のある石油会社を助けるのに十分なほど解放できるかどうか不確実性がある。

 

*正確な文章はリンクから確認してください