メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース12月24日2019年

メキシコのインフレと金利関連のニュースです。

 

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

12月上半期のメキシコの消費者物価は中央銀行の目標を大幅に下回った。国営統計機関INEGIが月曜日に示したデータは、おそらく銀行が基準金利を引き下げ続ける道を開いた。

 

12月上旬までの1年の物価は2.63%上昇し、12月上旬には0.35%上昇した。

 

これは、2015年末以来の上半期の最低インフレ測定値であり、2018年12月上半期の5.0%と比較される。

 

「ソフトインフレにより、メキシコの中央銀行は緩和サイクルを継続できます。 今後数か月でさらに50ベーシスポイントの利下げが行われ、政策金利が6.75%になると予想しています。」キャピタル・エコノミクスのエコノミストであるニキル・サンガニは、レポートで述べた。

 

金融グループのマネックスは、Banxicoがキーレートをさらに4回引き下げ、6.25%にすると予想している。

 

メキシコ銀行は木曜日、ベンチマーク金利を7.25%に引き下げ、インフレ率の軟化と経済の低迷を引用したが、最近の最低賃金引き上げが価格圧力をかける可能性があるという懸念を強調した。

 

INEGIによれば、一部の不安定な食品とエネルギーの価格を取り除いた綿密に監視されたコア価格指数は、0.36%上昇した。 コア消費者価格は、12月上半期を通じて年間3.59%上昇した。

 

「しかし、コアインフレは目標を頑固に上回っていること、米国連銀はこれ以上政策を緩和する見込みはないことから、緩和サイクルはそこで終わると考えています」とサンガニは述べた。

 

 

ということで、来年、メキシコの金利は6%後半に落ち着きそうだと思われます。