メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ経済ニュース5月22日2020年

メキシコのインフレ率に関するニュースです。

予想よりインフレ率が高く今後の利下げに影響を与えるかもしれません。

www.reuters.com

 

 

 

以下直訳です↓

 

メキシコのインフレは5月前半に予想よりも速く回復し、コロナウイルス危機の経済的ショックを緩和するために借入コストを削減しようと動き出していた中央銀行に検討の糧を与えた。

 

金曜日の国家統計局のデータによると、消費者物価は5月上旬までの1年間で2.83%上昇し、中央銀行の目標レートを下回っている。 それでも、アナリストのロイター世論調査は2.46%のリーディングを予測していた。

 

代理店のデータの内訳は、トマトを含むいくつかの食品のコスト、ビール、いくつかの燃料が5月上旬の生活費を押し上げた。 4月後半のインフレ率は2.21%であった。

 

中央銀行は3%のインフレ率を目標としており、許容範囲はその1%ポイント上または下である。

 

変動する食糧とエネルギーのコストを取り除いたコアインフレは3.76%であったとデータは示している。 これは、世論調査による3.64%のレート予測をわずかに上回っている。

 

メキシコの経済は、コロナウイルスの影響により、2020年に数十年で最大の縮小に見舞われると予想されており、中央銀行は先週、ベンチマークの貸出金利を50ベーシスポイント引き下げて5.50%にした。

 

それにもかかわらず、メキシコの主な金利は主要な西欧諸国よりもはるかに高く、アナリストは今後数か月のうちに借入コストがさらに下がると予想している。

 

最新のデータによると、5月前半の消費者物価は、前の2週間と比較して0.30%上昇した。 0.07%の低下が予測されていた。 コア物価指数は、期間全体で0.24%上昇し、0.12%の上昇という期待を上回っている。