メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

トランプ関税に対するメキシコの対応、2019年6月1日

トランプ氏が発表したメキシコ輸入品への関税に関するニュースの続報です。

 

 

一つ目はこちら

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

メキシコのトップ当局者は、金曜日、ドナルド・トランプ大統領が脅迫している関税についての予定されている会合に先立って、米中国境への中米移民の流入を絞り込むための既存の措置を強化したいと考えている。

 

木曜日にトランプ氏は、6月10日の5%から始めて、メキシコが米国とメキシコの国境を越える中央アメリカからの違法移民を実質的に阻止しなかった場合、関税を導入すると述べた。

 

中央アメリカからアメリカ合衆国への大量の流入を避けるために、私たちは伝統的なメカニズムで進歩を遂げ、既存の規則をより良く実行できると思います」メキシコの副大臣、ジーザス・セイドは言った。

 

メキシコは、庇護希望者が米国の代わりに請求を提出しなければならないであろう「安全な第三国」として分類されることに同意するかと尋ねられ、「それは私たちが取り組んでいることではありません」と彼は答えた。

 

ワシントンでの交渉の繊細な性質を挙げて、Seadeは移民を阻止するためにもっとメキシコができることの詳細を述べることを断った。

 

トランプ氏の最後の審判は、メキシコ大統領アンドレスマヌエルロペスオブドラドールにとって今までで最大の外交政策テストであり、移民の流れを減らし、ギャング暴力と殺人の記録的なレベルと戦うためにすでに苦労している治安部隊にとっては厳しい命令だ。

 

トランプ氏の圧力により、メキシコはここ数カ月間に拘留および強制送還された文書に記載されていない移民の数を増やすよう促したが、米国の国境に達する数も増加している。

 

マルセロ・エブラード外相は金曜日にワシントンを訪れ、日曜日にはSeadeが加わる予定。水曜日に、彼らは紛争を解決するために国務長官マイクポンピオ率いる米国の代表団に会うでしょう。

 

Seadeは、メキシコのチームが月曜日と火曜日のために他の会議を準備していて、米国通商代表との旅行の前に話したと言った。

 

中略

 

12月の就任以来、ロペスオブドラドーはトランプにエルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラスの経済発展を促進することで移住に取り組む手助けをするよう促してきた。

 

 

ということで、メキシコ側は移民対策を強化し、米国側と話し合いで解決しようとしているようです。頑張って欲しいですね。

 

 

2つ目はこちら、

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

ワシントンの最高民主党議員である米下院議長のナンシー・ペロシ氏は金曜日、ドナルド・トランプ大統領がメキシコの輸入品に対する関税を平準化するという脅威で「国境を越えて混乱を播種」していると述べた。

 

ペロシ大統領は声明の中で、「大統領が超党派的な入国管理改革に参加し、貿易関係について戦略的になり、米国とメキシコの関係の重要性を認識してくれることを願っている」と述べた。

 

「またしても、大統領はアメリカの労働者とアメリカの消費者に解決策を提供する代わりに、国境を越えて混乱を迎えている」と彼女は付け加えた。

 

 

3つめはこちら

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

メキシコの大統領と米国のトップビジネスロビー団体は、メキシコ経済に衝撃を与える可能性がある移住をめぐる論争の中で、ドナルド・トランプ大統領にメキシコの輸入品に懲罰的関税を課すという脅威から撤退するよう求めた。

 

以下省略

 

 

ということで、アメリカ内からも批判は多いようです。

選挙戦を睨んでの攻防に巻き込まれた感がありますが、対策を講じて平和的に解決されることを願います。