メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコUSMCA関連ニュース、12月1日2019年

USMCAに関連するニュースです。

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

金曜日のメキシコの高官は、今年の大陸貿易協定を批准する可能性について注意を表明し、一部の米国民主党からの反対を克服するためにより多くの作業が必要かもしれないと述べた。

 

ほぼ1年前に調印された米国-メキシコ-カナダ協定(USMCA)は、労働および環境条項の有効性に関する懸念によりワシントンで行き詰まっている。

 

メキシコはこれまでに協定を批准*した唯一の国です。

 

(*批准=条約に対する国家の最終的確認あるいは同意)

 

中略

 

水曜日にワシントンで、金曜日にオタワで会談したメキシコの外務副大臣、ジーザス・シードは、記者会見で「大きな進歩」があったと語った。

 

今年USMCAを批准できるかどうかを尋ねられたSeade氏は、「それは可能だと思う」と述べた。

 

しかし、「議論が必要な複雑な問題があり、再び民主党の議員などに戻らなければならない場合は、さらに時間がかかり、来年に入る可能性がある」と彼は付け加えた。

 

 

 

メキシコの輸出と外国直接投資は、米国市場へのアクセスに依存している。 メキシコは、カナダと同様に、商品のほとんどを米国に輸出している。

 

米国の労働組合は、メキシコが労働改革のコミットメントを遵守することを確保することを目的としたUSMCAの規定が十分に強力ではないという懸念を表明している。

 

カナダのジャスティン・トルドー首相は、金曜日にシードに「まだやることがもう少しある」と語り、「カナダは労働改革に向けたメキシコの措置を非常に支持している」と付け加えた。

 

Seadeは、NAFTAの下で機能したことのなかった問題を抱えた紛争解決システムの修正は間近であると述べた。また、このソリューションは労務の問題もカバーすると、詳細を述べずに追加した。

 

NAFTAの下では、紛争は専門家パネルに引き渡された。しかし、加盟国は通常、これらのパネルにメンバーを指名することを拒否し、システムを短絡させた、とシードは述べた。彼が詳述しなかった解決策は、パネルが完全に人員配置されることを保証するだろう。

 

シードは、カナダのクリスティア・フリーランド副首相との会談に続いて語った。 彼女の事務所はコメントの要請に応じなかった。

 

 

 

これをみると、もう少し時間がかかりそうな感じですね。