メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

米中合意に対するメキシコの反応、メキシコ経済ニュース1月16日2020年

米中合意に対するメキシコの反応です。

 

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

水曜日のメキシコのトップ役員は、米国と中国の間の最初の貿易協定の調印を歓迎した、メキシコが18か月間の世界のトップ2の経済圏間の紛争から享受した恩恵に終止符を打つとしても。

 

アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領の下でメキシコのトップ貿易交渉者であったジーザス・シード外相は、米国と中国が問題を解決するのがバランスが良いと述べた。

 

「貿易戦争が起こった場合、ビジネス環境が悪く、苦しんでいることを意味します」と彼はロイターに語り、両国はメキシコのトップ2の貿易相手国であるという事実を指摘した。

 

貿易協定は一部の関税を引き下げ、米国製品の中国購入を後押しする。 ただし、一部の繊細な問題は未解決のままである。

 

 

 

貿易戦争が北京とワシントンの間で深まったので、メキシコは米国の最大の貿易相手国になった。

 

シードは、貿易スパッツがビジネスの中国からメキシコへの移行を引き起こし、メキシコの輸出業者に米国の関税に直面している中国企業に比べていくつかの利点を与えたと指摘した。

 

しかし、全体として、妨げられていない貿易は、ラテンアメリカの2番目に大きな経済のさらなる成長の可能性を妨げたと彼は付け加えた。

 

「彼らが契約に達するのは良いことだと思うし、うまくいけばそれが続くだろう」とSeade氏は語った。 「私たちにとってより多くのビジネスがあるので、中国と米国が成長することを望んでいます。」