メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

Pemex関連ニュース11月13日2019年

メキシコ国営石油会社であるPemexがハッキングされたというニュースです。

 

www.reuters.com

以下直訳です↓

 

ハッカーは、メキシコのPemexに約500万ドルのビットコインを要求した、と彼らは火曜日にロイターに語った。また、国営石油会社は、サイバー攻撃の直後に支払わないことで特別割引を逃したと言っている。

 

5人の従業員と内部メールによると、Pemexが日曜日に検出したハックにより、会社はメキシコ全土のコンピューターをシャットダウンし、支払いなどのシステムを凍結させた。

 

ハッカーは、サプライチェーンから製造まですべてを監視するシステムを損なう可能性のある悪意のあるプログラムを使用する企業をますます標的にし、多額の支払いを受け取った後にのみ削除します。

 

ロイターが見たPemexコンピューターに表示された身代金メモは、ランサムウェアの一種である「DoppelPaymer」に関連するダークネットWebサイトを指していました。

 

中略

 

この攻撃はPemexにとって最新の課題であり、Pemexは多額の負債を返済し、石油生産の長年の低下を覆し、信用格付けの低下を回避するために戦っている。

 

Pemexによると、ストレージおよび配信施設は正常に動作しており、攻撃による影響はコンピューターの5%未満でした。

 

「噂や偽情報を避けましょう」と声明で述べた。

 

Pemexの制作と探査で働いている人は、その部門は影響を受けないと語った。

 

どの形式のランサムウェアが攻撃に使用されたかについて、混乱がありました。

 

中略

 

匿名を条件に発言したあるソースによると、火曜日、Pemexはソフトウェアパッチを使用して影響を受けていないコンピューターをネットワークに再接続し、感染したコンピューターを完全に消去した。

 

以下略

 

 

ということで、ハッキングされたようですが、影響は少ないとのことです。