メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ財務相辞任2019年7月10日

メキシコの財務相が辞任したニュースです。

 

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの控えめなカルロス・ウルズア財務相は火曜日に経済政策の「過激主義」を引用して市場に衝撃を与えた書簡で辞任した、Andres Manuel Lopez Obrador大統領がすぐに彼に代わるものとしてよく知られている副大臣を指名する前に。

 

彼のTwitterアカウントで公表された異常に強く表現された辞任メモで、Urzuaは政府が十分な根拠のない経済政策を形成していたと言った。

 

「経済政策は常に根拠に基づいて、潜在的な影響に注意を払い、右からも左からも過激主義のないものであるべきだと確信しています」とUrzuaは書きました。

 

「これらの信念は、私がこの政権に在任している間は共鳴しませんでした」とUrzuaは述べました。

 

彼はまた、彼が政府の有力なメンバーによって彼に課された何人かの大臣職員の任命において利益相反と呼ばれるものがあると言いました。 彼はこれ以上詳しく説明しなかった。

 

メキシコのペソはニュースで2%以上下落し、ベンチマーク株価指数はほぼ1.5%下落した。ロペス・オブラドーがアルトゥーロ・エレラ副財務相をすぐに最高の仕事に昇進させた後、両方とも少し回復した。

 

投資家にはよく知られており、有能な経済管理者と見なされているHerreraは、1%の一次予算黒字を達成しながら経済成長を復活させるという仕事を担っています。投資促進と債務国営石油会社Pemexを心配している格付機関からの格下げの回避を推し進めながら。

 

「(Herrera)は市場参加者との良好な対話を伴うよく知られた人物であり、...独断的な個人として認識されていません。」ゴールドマンサックスのラテンアメリカ研究責任者、アルベルトラモス氏は語った。

 

「しかし、ウルツアの辞任状の珍しい内容に照らして、最終的には誰が経済政策の実行を担当しているのかという疑問が残る」とラモス氏は語った。

 

以下省略

 

 

ということで、新しい財務相も有能な人のようですが、財務相が辞めるときに政府のやり方を批判していたことから、メキシコペソが下落したようです。