メキシコペソ応援ブログ

FXを始めたい方向けの情報、メキシコペソ情報、ニュース、週間予想など

メキシコ利下げ!2019年8月16日

メキシコ中銀が8.00%に利下げしました。

インフレ率が安定的に4%を切ったことから、賢明な判断だと思います。

また、メキシコ経済の成長にとってプラスになります。

 

www.reuters.com

 

以下直訳です↓

 

メキシコの中央銀行は木曜日に、2014年6月以来初めて主要な貸出金利を引き下げた。インフレ率の低下と経済の緩みの増大を引用し、さらなる金融政策緩和が進行する可能性があるという期待を高めている。

 

多数決で、メキシコ銀行(Banxico)の5人の理事会は、オーバーナイトインターバンクレートを25ベーシスポイント下げて8.00%にすることを票決した。

 

メキシコの政策立案者による驚きの動きは、先週の世界各国の中央銀行による利下げに続いており、貿易に起因する減速が世界的な成長を阻害する兆候を示している。

先週、ニュージーランドの中央銀行は金利を史上最低に引き下げた。これに、タイとフィリピンの中央銀行が続いた。

 

ペソMXN =はBanxicoの決定後、1ドルあたり0.4%低下して19.76ドルになりましたが、これらの損失はすぐに取り消された。メキシコの10年債MX10YT = RRの利回りは19ベーシスポイント低下して7.06%になった、とRefinitivのデータが示した。

 

月曜日に発表されたロイターの世論調査で調査された16人のアナリストとエコノミストの11人は、12月20日以来維持していた率を8.25%に維持することをバンクシコに期待していました。MXCBIR = ECI調査対象の5人は、25ベーシスポイントの利下げを期待していました。

 

中略

 

キャピタルエコノミクスのラテンアメリカエコノミストであるエドワードグロソップ氏は、バンキシコの比較的慎重な会議後の声明にもかかわらず、「おそらく積極的な緩和サイクルへの期待を和らげるように設計されています...さらなる金利引下げが進行中です」

 

「インフレ率はさらに低下し、成長率は低迷し続けるため、年末までにさらに50ベーシスポイントの利下げが7.50%になると予想しています」とグロソップは顧客へのメモで述べた。